漫画ファンBlog

大好きな漫画について語り合いましょう♪

覆面系ノイズ18巻100話のネタバレ

      コメント (0)

花とゆめ2018年23号の覆面系ノイズ100話のあらすじと感想です♪

100話はおそらくコミック18巻に収録されると思います。

覆面系ノイズ18巻100話のあらすじ【ネタバレ注意】

イノハリ

「・・・・」
「・・・す」
「すげーーー!!」

この日、公式サイトでロックホライズンのタイムテーブルが発表になります。

「まじでホライズンステージじゃないーいい!!」

「やば・・・」

事前にメールで聞かされていたとはいえ、公式サイトで見ると、みな改めて盛り上がります。

(・・・嘘みたい)

スマホを見つめてながら、ドキドキしてしまうニノ。

「何ニヤニヤしてんの」

「し」
「してない」
「ニヤニヤとか」

ユズから冷やかされたニノは、この前 教室の出来事を思い出してしまいます。

教室でキスをした後、ユズが恥ずかしそうにニノに語りかけます。

「・・・二度も」
「ごめん」
「好きだ・・・」
「RHが終わったら」
「聞かせて」
「返事」

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

ニノとユズ

練習が終わると、ニノとユズは一緒に歌いながら帰っていきます。

「なんかめっちゃ変な感じ」
「どんどん色んなことが現実になってさ」
「・・・冗談抜きで今回はコーラスだけでいいよ」

活動再会した途端、自分が歌い出すとファンが戸惑ってしまうというユズ。

「えっ」
「でも」
「『サイン』は?」
「2人で歌う曲でしょ?」

「今回だけはアリスだの方がいい」

一緒に歌うのを楽しみにしていたニノは、ションボリと落ち込んでしまいます。

「深桜とアリスの声だけでやってきたんだから当然だし」
「僕は例えコーラスでも一緒に歌えたら嬉しいし」

そう言い訳をしながら、ハッとするユズ。

「今のなし・・・」

ユズは真っ赤になって頭を抱えます。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

RH

いよいよこの日RHがスタート。他のバンドのライブを満喫し、ニノはクロネコに飛び入り参加も。

そして、ついにイノハリのライブの時間に。イノハリのメンバー達は円陣を組んで、気合を入れます。

「ハッ!!」
「ユズもう包帯する必要なくない?」

「ほんとだ!!」
「うわ」
「ほんとだよ!」
「取る取る!」

ニノに言われて、あわてて包帯を取ろうとするユズ。しかし、手が震えてうまくいきません。

「ユズ?」

「・・・こないだ」
「ごちゃごちゃ言ったけど」
「ホントはどんどん変わってくのが怖いだけなんだ」

包帯を取る手を止め、不安そうに語りだすユズ。

今日は歌えていても、もしかしたら明日には歌えないのではないかとか、色んな不安が浮かんでくることをニノに打ち明けます。

「・・・皮肉だけど」
「変わらないことは1つもないって」
「君を見てて身にしみてるから」

そんなユズの頭に両手を回しすニノ。

「・・・そうね」
「私達はあきっと明日もどんどん変わってく」
「でも絶対変わらないものが私にはあるわ」

ニノはユズの顔から包帯を外します。

「毎日毎日飽きずに歌ってきた私が言うのよ」
「死ぬまでこれだけは変わらない」
「私は一生」
「ユズの曲を歌い続ける」

キッパリと言い放つニノの顔を見て、ユズはハッとします。

「それプロポーズじゃん」
「誓いのキスでもしとく?」

「プ!?」
「ちょっ」

イキナリ変なことを言われてニノは真っ赤に。

「行こう」
「みんな1年待ってくれたんだ」
「はじめよう」

ユズは振り返ってニッコリと微笑むと、ニノの手を取り、ステージへと向かいます。