漫画ファンBlog

大好きな漫画について語り合いましょう♪

覆面系ノイズ16巻88話のネタバレ感想

      コメント (1)

花とゆめ2018年7号の覆面系ノイズ88話のあらすじと感想です♪

88話はおそらくコミック16巻に収録されると思います。

覆面系ノイズ16巻88話のあらすじ【ネタバレ注意】

ユズとお母さん

「・・・ロックホライズン」
「前乗りで行くから明後日帰る」

「・・・そう」
「分かったわ」
「きっと」
「それまでにお父さんも帰ってくるわね」

お母さんといつものような会話をし、ロックホライズンへと向かうユズ。

(いつまで続くんだよ)
(いつになったら分かってくれるんだろう)
(この永遠みたいな茶番は)
(いつ終わるんだろう)

曲が「ゼロ」に移り、一気に会場が盛り上がっていきます。

しかし、テンションが上がる観客達とは対照的に、客席でひとりお母さんは咎めるようにユズを見つめています。

ユズが一緒でないと夜眠ることができないお母さん。

「・・・何度も言わせないで」
「歌わないで絶対に」
「歌ったらお父さんみたいに消えてしまう」
「あなたまで消えたら私」

常にユズを見張るように、お母さんは決してユズより先には眠りません。

(もっと酷くなった)
(見つかった遺骨が)
(鑑定ミスで別人のものだと分かってから)

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

ステージ

自分は歌っても父のように消えはしないと訴えたいユズ。

(どうして分かってくれないんだよ)
(ただ父さんが死んだ事実を受け入れるだけなのに)
(いつまで続くんだよ)
(いつまで)
(いつまで・・・!!)

その時、ギターを引くユズの動きがピタリと止まります。

(あ)
(やばい)
(指)
(動かな・・・)

ユズのピンチをすぐに察し、ニノがユズの元へ。ニノが腕を上げると、釣られるようにユズも腕を持ち上げます。

そして、ニノと同時にダンッと腕を振り下ろすユズ。ニノやみんなの機転で、あっという間にユズは持ち直します。

ユズは自分が立ち止まる時、いつもみんな真っ直ぐにぶつかって来てくるのを感じます。

(そうだ)
(僕いつも)
(「分かってくれ」って突っぱねて)
(待ってばかりで)
(逃げてばかりで)

ユズの目は客席の母の方へ。

(1年前のRH)
(僕の嘘に気づいて)
(咎めに来たんだと思ってた)

なぜ、条件付きとはいえ母が音楽を許してくれたのか、何でまたここへ来たのか、ユズには全く分かりません。

(去年より)
(近い・・・)

母の位置を見て、ユズはハッとします。お母さんは去年よりも明らかにステージに近い場所へ立っています。

(なんで気づかなかったんだ)
(近づいて来てくれた)
(怖くて仕方ないはずなのに)

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

ユズ

その時、ユズは目の前にお父さんが立っているのを感じます。

「やっと気づいたか」
「花奏」

そう言って、お父さんはユズの口に手をやります。

(あ)
(喉が)
(通った)
(歌える)
(分かる)
(僕歌える)

グイッとと口のマスクを下ろすユズ。すると、ユズはいきなり客席の中へ飛び込みます。

「ちょ」
「何してんだあいつーーーーー!?」
「燃えすぎだーーーー!!!」

ヤナさん達が絶叫する中、ユズは真っ直ぐにお母さんの元へ。

「こっから先は」
「僕から行く・・・・!」

ユズはお母さんに向かって絶叫。お母さんが抱える悲しみも恐怖も、一緒に乗り越えることを胸に誓います。

ユズはすぐに振り返ると、ステージ上のニノを見つめます。すると、次の瞬間・・・・・・

なんとユズの口から歌声が溢れてきます。

(だから)
(それまで)
(僕の歌は)
(君にあずけるよアリス)