漫画ファンBlog

大好きな漫画について語り合いましょう♪

覆面系ノイズ17巻94話のネタバレ

      コメント (0)

花とゆめ2018年14号の覆面系ノイズ94話のあらすじと感想です♪

94話はおそらくコミック17巻に収録されると思います。

覆面系ノイズ17巻94話のあらすじ【ネタバレ注意】

ライブ前

休止発表以来、CDシングルデイリー1位を突っ走っているイノハリ。

「1位獲れた時のために心の準備しとけよ!」
「オレ今まじツイてるからきっといける!!!」

そう言って顔を赤らめるヤナさん。ニノ達には何のことか分からないものの、ヤナさんは大興奮しています。

ヤナさんとは対照的に、とても冷静なメンバー達。もうすぐラストライブが始まろうかという時、ユズがみんなを集めます。

「僕ら活動中止になるけどさ」
「再開までそれぞれ足を止めないでいて欲しいんだ」
「方法は問わないし」
「止めたりしない」

これはまでは自分の曲以外で演るのは許せなかったというユズ。しかし、今はみな自由に音を楽しんで欲しいと感じます。

「思い切り自分に挑んで欲しい」
「その上で帰る場所がイノハリであるなら」
「本当に嬉しいって」
「始めて」
「そう思えてるんだ」

メンバー達は手を重ね、そしてステージへと上がっていきます。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

ラストライブ

トーキョーセーリングの時も他の時も、前が見えていなかったニノ。

(でも今日は)
(本当に何も怖くないの)
(だってね)
(今日 私達は)
(全員の涙を吹き飛ばしにきたんだから)

ニノが思いっきり声を張り上げ、1曲目の「ハイスクール」が始まります。

客席からイノハリのラストステージを見つめるモモ。モモはこの前ユズがやって来た時のことを思い出します。

「・・・アリスのことだけどさ」
「・・・活動再開するまでの間」
「アリスは自由だから」

ニノには蜜から曲提供のオファーが来ていて、自分を高めるために、それを受けるだろうというユズ。

「活休に入ったら依頼も増える」
「アリスはきっとその中から挑みたいものを選び取るだろうし」
「挑んでみたいものがあれば掴み取っていくはずだ」
「・・・榊」
「きみからの依頼も」

モモは厳しい表情で、再びステージ上のイノハリを見つめます。

(悔しい)
(こいつらに遅れをとってるのは分かってた)

今は過去も未来も、歌も夢も恋を余裕で抱えているニノ。しかし、モモはまだニノに自分の曲を歌ってもらうのを夢見ているだけ。

(でも)
(オレだって)
(オレだってもう行けるだろう)

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

ライブ終了後

ライブが終わると、モモはステージ裏へ向かって走り出します。走りながら、モモは再びこの前のユズとの話を思い出します。

「もしオレの曲に魅了されて離れられなくなったらどうすんだよ」

「それはないよ」
「って言い切りたいけど」
「今は言い切れないな」

そう言って、少し悲しそうな顔をするユズ。

「僕はずっと僕から飛び立つアリスを見たくなかった」
「でも今は」
「見てみたい」

ユズは、モモの曲がニノをスランプから救ったことを素直に認めます。

「だから」
「もう一度きみに挑みたい」

ステージから降りてきたニノへ手を伸ばすモモ。そして、ニノの後ろのユズを睨みつけます。

「・・・受けて立ってやるよ」
「・・・杠」