覆面系ノイズ17巻96話のネタバレ

花とゆめ2018年18号の覆面系ノイズ96話のあらすじと感想です♪

96話はおそらくコミック17巻に収録されると思います。

覆面系ノイズ17巻96話のあらすじ【ネタバレ注意】

イタリア

お母さんがお父さんの死を受け入れる手助けをするため、一緒に縁の地を巡ってきたユズ。

夜は、お母さんは一緒のベッドに。

「・・・もう寝なさい」
「お父さん遅いから待たなくてもいいのよ・・・」

まだお父さんの死を認めることはできないものの、お母さんはこれまでで最も穏やかな様子。

ユズはお父さんの遺骨の入ったペンダントを見つめます。

(見てて父さん)
(ここに父さんがいることを)
(母さんとちゃんと話すから)

その後も、お父さん縁のイタリアの地を巡る、ユズとお母さん。

「遅いわねお父さん」
「結局言えなかったわ」
「おかえりって」
「もう帰国しちゃうのにね」

とうとう日本への帰国の日となり、2人は空港へ向かいます。

空港

空港へで飛行機を待っていると、テレビのニュースを見て、みな急にざわつき始めます。

(なんだろ)
(飛行機・・・?)

流れているのは、マドリード行きの便が消息不明というニュース。

「お父さんの」

「ちが・・・」

ニュースを見て、お母さんが急に情緒不安定となります。

「お父さんの飛行機・・・」

「違う母さん」

「お父さんの飛行機が・・・」

「違う!」
「父さんの飛行機は・・・っ」

吐きかけた言葉を飲み込むユズ。ユズが、お母さんをどうしていいか混乱していると、携帯に電話がかかってきます。

「もしもしユズ?」
「やっと歌詞ができたから」
「ようやく電話できると思って」
「そっち寒い?」
「風邪とかひいてない?」
「元気してる?」

ニノの元気な声を聞いて、ユズは落ち着きを取り戻します。

「・・・・・・アリス」
「・・・ありがと」
「いま元気になった」

ユズはニノへお礼を言って電話を切ると、隣の席でうなだれているお母さんを見つめます。

(そうだ)
(隣でうつむくためにここまで来たんじゃない)
(母さんの心に)
(寄り添うために来たんだ)

ユズとお母さん

「・・・母さん」
「父さんは帰ってくる」
「安心して」
「必ず『おかえり』って言える火が来る」
「そこまで僕が連れて行く」

そう言って、お母さんを抱きしめるユズ。その時、ニュースを見ていた人だかりから、ワーッと完成があがります。

例のマドリード行きの便が緊急着陸し、乗客も全員無事だったようです。

ユズがそのニュースを聞いてホッとしていると、お母さんの手がスッとペンダントの伸びます。

「お父さん」
「『ここ』に・・・」
「いるの・・・?」

お母さんの言葉にハットするユズ。

「お前言ってた」
「この中の」
「喉の骨」
「お父さん・・・?」
「花奏」
「お父さんは」
「死んでしまったのね・・・?」

ユズとお母さんは、ボロボロと涙を流しながら互いを抱きしめます。

「・・・うん」
「そうだよ」
「死んで小さくなっちゃった」
「けど」
「帰ってきったんだ」
「だから」
「言ってあげて」

「おかえり・・・」

コメント

タイトルとURLをコピーしました