漫画ファンBlog

大好きな漫画について語り合いましょう♪

覆面系ノイズ17巻98話のネタバレ

  コメント (0)

花とゆめ2018年20号の覆面系ノイズ98話のあらすじと感想です♪

98話はおそらくコミック17巻に収録されると思います。

覆面系ノイズ17巻98話のあらすじ【ネタバレ注意】

モモ

「モーモーくん」

「ニーノーちゃーん」

「「うーたいましょー」」

夜になると、毎日ニノと一緒に歌っていた日々を思い出すモモ。

明日は、いよいよニノが自分の歌をレコーディングをする日に。しかし、そんな日が来ることがモモには夢のように感じられます。

(ずっと)
(ニノの声に抱きしめられていた)
(だから)
(いつか俺も)
(ニノを抱きしめ返したかった)
(俺の音で)

モモは、付き合っていた日々を思い返します。

いつも手をつなぎ、星の数ほどキスをした2人。

(でも)
(一度も)
(抱きしめたことはなかったんだ)

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

翌日

前日は緊張で眠れず、ボーッとしながらスタジオへやって来たモモ。

モモが自販機の前でコーヒーを飲んでいると・・・

「おはよう」
「モモ」

ニノに声をかけられ、バシャーっとコーヒーをぶちまけてしまいます。

「わーーーーー!?」

ニノは、モモのおかしな行動の驚きのあまり絶叫。

「モモがこぼすとか珍しくて面白い」

「いや全然 面白くねえよ」

ニノはこぼれたコーヒーを拭きながら、おかしそうに笑います。そんなニノの笑顔を見ていると、モモはスッと方の力が抜けていくのを感じます。

そして、時間になったところで、ついにニノのレコーディングがスタート。

ニノの歌声が聞こえてくると、モモはその姿を信じられないといった表情で見つめます。

(夢じゃない)
(あの時とは違う)
(ちゃんと俺の曲として)
(ニノが歌ってる)

ニノに細かい注文を出しながら、二人三脚で音を作り上げていくモモとニノ。

(ああ)
(楽しいな)
(ブースをまたいで)
(音を紡いで)
(まるで)
(あの夜みたいだ)

モモは、一緒に歌っていたあの頃の光景が鮮明に蘇ってきます。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

モモとニノ

楽しいレコーディングの時間はあっという間に終了し、一緒に帰っていくニノとモモ。

(ゆずりはの曲がなければ)
(今日はなかった)
(俺もニノもここまで飛ばなかった)
(最初から勝負はついてた)
(混じりけなく)
(そう思える・・・)

その時、突然ニノがだばーっと滝のような涙を流し始めます。

「ごめ・・・」
「嬉しくて・・・」
「7年離れてて」
「色んなことあって」
「またこうやって『一緒にうえたる』だけで夢みたいなのに」
「それが続くのかなって思ったら」
「嬉しくて」

モモと同じく、あの夜のことを思い出すニノ。

「今日ここに来るまで」
「色んなこと考えてたけど」
「・・・なんか全部」
「吹き飛んじゃった・・・」
「ありがと・・・」

ニノは目をこすり、ニッコリと微笑みます。

そんなニノの笑顔をして見て、全てがどうでもよくなるモモ。

ずっと、ニノに自分の曲を歌って欲しかったこと。これからも、歌って欲しいこと。ずっとニノにだきしめられてきたこと。自分の曲でニノを抱きしめ返したかったこと。

モモの頭から、そんな想いが全て吹っ飛びます。

(ただ)
(ただ)
(すきだ)