漫画ファンBlog

大好きな漫画について語り合いましょう♪

覆面系ノイズ17巻99話のネタバレ

      コメント (0)

花とゆめ2018年20号の覆面系ノイズ99話のあらすじと感想です♪

99話はおそらくコミック17巻に収録されると思います。

覆面系ノイズ17巻99話のあらすじ【ネタバレ注意】

ニノとユズ

この日の練習を終えたイノハリ。そして、練習を終えると、ニノはサッと帰っていきます。

「・・・仁乃ったら」
「今日も頑なにギター練のみだったわね」

ハルヨシの言葉に、黒もうなずきます。

「ユズくん帰国まで貫いてもうたなあ」
「いつまでイノハリ曲歌わないつもりやろーて思ってたけどアレや」
「会えるまで」
「やな」

その頃、ユズはヘッドホンをして音楽を聞きながら、補講の勉強中。

すると、お母さんが部屋へやってきます。

「花奏」
「いいのよ」
「もうスピーカーで音楽聴いても」

「そうだった」
「なんか」
「ついクセで」

お母さんにそう答えるユズ。しかし、そのお母さんもピアノ講師だったというのにピアノを買い直す様子もありません。

(7年)
(うちには音がなかった)
(いざ大丈夫になったところで)
(タイミングつかめないもんなんだな)

ユズはスマホで、ニノから送られてきた新曲の歌詞をジッと見つめます。

(帰国して2週間)
(僕は)
(まだ君に会えていない)

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

ヤナさんと月果さんの結婚パーティ

この日、ヤナさんと月果さんの結婚パーティが開かれ、イノハリや黒猫のメンバー達も参加します。

「ていうか」
「ユズと仁乃遅くない?」

ヨシハル達はパーティで盛り上がっているものの、ニノとユズはなかなかやって来ません。ニノはこの日レコーディングが入っているようです。

「問題はユズくんや」
「結局帰国して以降 補講王でまだ会えてへんのに~」

「誰が補講王だよ」

クロがユズの話をしていると、ちょうどユズがやって来ます。

「た」
「・・・ただいま」
「えーとその・・・」
「いろいろ迷惑かけてごめ・・・・」

「「「補講王おかえりーーーー!!」」」

恥ずかしそうに顔を赤らめるユズを、クロ達が大声で出迎えます。

しかし、今は春休みというのに、ずっと学校を休んでいたユズは、補講の真っ最中。ヤナさんにお祝いの言葉を伝えると、ユズはすぐに学校に戻って行きます。

「補講王まだいる!?」

ユズが帰ったと思ったら、入れ替わらるようにしてニノがやって来ます。

「残念!」
「もう学校!」

「あ~~~」
「また会えなかった~~~」

深桜からユズがもう帰ったことを知らされ、ニノはガックリとうなだれます。

やって来たニノと少しぎこちなく言葉を交わすモモ。そして、あの日のことを思い浮かべます。

(・・・あの日)
(抱きしめるだけで精一杯で)
(何も言えなかった)
(でも初めて)
(何も怖くないと思えた)

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

ユズ

学校へ戻ってきたユズ。モモとは対照的に、ユズは今ニノと顔を合わせることが怖く感じてしまいます。

そして、ニノが書いた歌詞も読めず、ニノが参加した黒猫やガルレスの曲も聴けていません。

(読んだら)
(聴いたら終わる)

モモしか見えていなかったニノも、渇望がないと歌えなかったニノも、もうそこにはいないことをユズは確信します。

(聴いたその先で)
(恋も歌も手にした無敵のアリスが)
(榊に思いを告げに行く)

補講を終えて、家へ帰って来たユズ。すると、家の中から音楽が聞こえてきてハッとします。

リビングには、ソファに寝ているお母さんの姿が。そして、お母さんのスマホから、昔お父さんが歌っていた曲が流れています。

「音源・・・」
「あったんだ・・・」

ユズはジッとお父さんの歌声にに聞き入ります。

「・・・あんま似てないな・・・」
「僕の声と・・・」

(ああ)
(これ多分)
(”タイミング”だ・・・)

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

学校

翌日、ニノが学校へやって来ると、どこからともなく歌声が聞こえてきます。

(え)
(これ)
(歌声・・・!)
(この弾き語り)
(イノハリの新曲)
(”サイン”・・・!)

あわてて音楽室へ駆け込むニノ。そこでは、ユズがピアノを引きながら、”サイン”を歌っています。

やって来たニノをユズが笑顔で出迎えると、ニノの目に涙がにじみます。

「はー・・・」
「これでまた歌える・・・」
「渡しユズがいない間ユズの曲歌えなかったの・・・」

「・・・な」
「なんで・・・」

「歌いたくなかったの」
「ユズの曲だけは」
「どうしても」

ニノの言葉に愕然とするユズ。もしかしたら、ニノはもう自分の曲を歌いたくないのではないかという恐怖が湧き上がります。

「次にユズの曲を歌うのは」
「イノハリを再会する時って決めてたからよ・・・」

黒猫やガルレスに呼ばれて歌った時のことを思い出すニノ。どの曲もとても楽しく、また求められたら色んなところで歌いたいと感じます。

しかし、それは帰ってくる音があるから。

「・・・どこへ行っても」
「どれだけ高くとんでも」
「私の声は」
「ユズだけのものなんだから・・・!」

ニノの話を聞き、ユズは気がつくとニノにキスをしています。

そして、唇を離すとユズの目から大きな涙が零れ落ちます。

(僕は)
(気づいていないかった)
(涙の本当の意味を)
(ただ)
(今まで生きてきて一番)
(一番うれしかった)
(見つけた)
(僕の声)

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

覆面系ノイズ17巻99話の感想【ネタバレ注意】

今回も、なかなか雑誌が手に入らず更新遅くなってすみません。

今回は、ようやくユズがニノと再会できて嬉しかったです♪ ニノは、ユズが外国にいる間、他のバンドのところで歌ったりしていたので、ユズはとても不安だったみたいですね。

まあ、端から見れば、ニノがユズの音を捨てられるわけなんてないって感じがしますけど、当の本人の立場になってみると、すごく怖かったろうなあと思います。そして、自分の声はユズだけのものって言われた、どれだけ嬉しかったことか。

お母さんも大分落ち着いてきたみたいですし、これでニノと一緒に思いっきりイノハリの曲を歌えるのかな?

ようやくイノハリも再開かと思いましたけど、今ユズは休んでいた分の補講に追われてるみたいです。みんなから補講王補講王と連呼されていて、ウケました(笑)

再開がいつになるか分からないですけど、イノハリが滅茶苦茶パワーアップしてそうで今から楽しみです♪