漫画ファンBlog

大好きな漫画について語り合いましょう♪

思い思われふりふられ6巻23話のネタバレ感想

  コメント (1)

別冊マーガレット2017年5月号の思い思われふりふられ23話のあらすじ&感想です♪

23話はおそらくコミック6巻に収録されると思います。

思い思われふりふられ6巻23話のあらすじ【ネタバレ注意】

学校

もうすぐ文化祭。クラスの出し物の準備をする朱里たち。あの日キスをして以来、朱里と和は全く話ができずにいます。

朱里は自分の振る舞いのせいで、和への告白が軽いものに思われて、和が怒ってあんなことをしたのではないかと不安になります。

すると、朱里が1人になったタイミングを見計らって、和が声をかけてきます。

「こないだはごめん・・・」
「謝って済む事じゃないけど」
「とにかく・・・ごめん」

和が、申し訳なさそうに謝ります。

「私が乾くんを怒らせるような事」
「しちゃったから・・・」
「たしかに私 切り替え早いし」
「気にしないでって言ったけど」
「だからって」
「あの夏祭りの告白が」
「適当な気持ちだったわけじゃなくて」
「あの時はちゃんと本当に好きだったからで・・・」
「それだけは分かって欲しいです」

和のプライドを傷つけないように慎重に言葉を選び、謝る朱里。そして、無事仲直りして、2人は別れます。

1人その場に残り、考え込む和。

(「あの時はちゃんと本当に好きだった」)
(オレに大してそういう気持ちがあったって)
(はっきり言葉で聞いたの初めてだ)
(今さらだけど)
(しかも過去形)
(でも)
(理央のこともあるし)
(これでいいんだ)
(もう)
(これでいい)

和は自分にそう言い聞かせます。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

理央のクラス

休憩中、朱里と由奈は理央のクラスの出し物を聞きに行ってみることにします。

遊びにきた由奈達を我妻達が歓迎しますが、なぜか理央だけはズズーンと沈んでいます。

理央のクラスでは、色んなコスプレをした人が校内をウロつき、それを見つけた人はスタンプを押してもらえるとのこと。そして、理央はやりたくもないコスプレをさせられるハメになったようです。

「当日は絶対オレの事みつけてね!」

理央とは対照的に、積極的にアピールする我妻。

「分かった」
「がんばるね」

由奈も、楽しそうにそれに応えます。

朱里はそんな2人を見ていると、我妻が由奈のことを好きなのではないかとドキドキしてきます。

もしそうなった場合は由奈はどうするのかと考えていると・・・

「朱里ちゃん・・・あのね」
「文化祭の日」
「前にやってくれたみたいに」
「また髪巻いてくれないかな・・・」
「ちょっとでも可愛くしたくて・・・」

恥ずかしそうにお願いする由奈に、朱里はキュンとしてしまいます。

(由奈を見ると)
(どうしてこんなに胸がギュッとするんだろう)

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

文化祭

文化祭当日、校庭に茂みに、憂鬱そうに隠れている理央。すると、そこへ由奈がカードを持ってやってきます。

(わ・・・)
(由奈ちゃんだ)
(スタンプ押してあげたいけどなー)
(でもなー)

理央が戸惑っていると・・・

「たっ・・・」

と、いう由奈の叫び声が。木のトゲが指に刺さってしまったようです。

「!!」
「由奈ちゃんっ」
「どうしたの?」
「大丈夫!?」

理央は思わず、茂みから飛び出してしまいます。

駆け寄ってくる理央を見て、ポーッとなってしまう由奈。なんと理央は王子様の格好をしています。

理央にスタンプを押してもらい、2人はベンチに座って話をすることに。

「そう言えば」
「なんでその格好見られたくなかったの?」
「かっこいいのに」
「初恋の王子様みたいって思った!」

由奈は恥ずかしそうに、子供のころ読んだ絵本の王子様に、理央がそっくりなことを伝えます。

理央は由奈にそんなことを言われて、満更でもない様子。

「あ」
「そうだ」
「今日の髪かわいいね」

サラッと言う理央の言葉に、由奈は赤面してきます。

そんな2人の頭上から、イキナリ紙吹雪が降ってきます。出し物で様子していた他のクラスの生徒が、誤って窓から落としてしまったようです。

「わ」
「紙吹雪だー」

顔を寄せ合い、楽しそうに笑う由奈と理央。

「なにこれすごくない?」

「うんっ」

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

朱里

(やばい・・・!!)
(めちゃくちゃいいの撮れた!!)
(ちょっと誰か見て!)
(この由奈すごくかわいいから!!)

廊下でひとり興奮している朱里。たまたま通りがかり、2人が顔を寄せ合う瞬間を写真に撮ったようです。

朱里は写真の中の由奈をジッと見つめます。

(胸が)
(ギュっとしてザワザワする)
(この気持はなんだろう)

しばらくして、由奈のスマホに朱里からメールが届きます。

「わあ!」
「朱里ちゃんがいつの間にか私達のこと撮ってた」

さらに、クラスのフォト選手権に出したいというメッセージが添えられています。

「また変な事言いだす~」

由奈が困っていると・・・

「なんで?」
「いいじゃん」
「だめ?」

そう言って理央に見つめられ、由奈はOKの返事を送ります。

しばらくして、我妻が由奈のクラスへ遊びにいきます。しかし、由奈の姿はなく、がっかりして帰っていると、先程の写真が・・・

我妻は2人の仲良さそうな写真を見て、その場に呆然と立ち尽くします。