漫画ファンBlog

大好きな漫画について語り合いましょう♪

春待つ僕ら12巻番外編のネタバレ

  コメント (0)

デザート2019年2月号の春待つ僕ら49話のあらすじと感想です♪

49話はおそらくコミック12巻に収録される思います。

春待つ僕ら12巻49話のあらすじ【ネタバレ注意】

恭介の家

恭介が12歳のころ。この日、姉の親友の翔子が遊びに来ています。

恭介がお茶を用意して姉の部屋へ向かうと、中から2人の話し声が聞こえてきます。

「お見合い~!?」

「みたいなもん」
「跡取り候補なんだって~」

「てかないわ今どき望まない結婚とか」
「断れるんでしょ?」

「んー・・・」
「の前に相手が嫌がるよね」
「こんな女」

ノックをして部屋へ入っていく恭介。

「おー!」
「愛しの恭ちゃーん!」
「今日も優等生だねえ」

翔子はとても嬉しそうに恭介を出迎えます。

「翔ちゃんはまた派手になったね」

久しぶりに会った翔子の髪はピンク色になっています。

(親への反発と男よけのためかな)
(全然似合ってない)
(姉の親友「翔子」はいつも自由なフリをしていた)

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

恭介と翔子

しばらくして、帰っていく翔子へ送っていく恭介。

「恭ちゃんも自由にやりたいことやりなね」
「いっぱい恋していい男になりな」

翔子はまるで自分がそうであるかのように恭介へ話しかけます。

(彼女が僕に言うことは自分がやりたくてもできないことだ)

「勉強したくない時はしなくていいんだよ」

フフッと微笑みながら、話を続ける翔子。

そんな態度とは裏腹に、翔子がもがいているのは恭介にはバレバレ。しかし、自分が何かしてあげられるわけでもなく、ひどくもどかしく感じます。

「勉強は全然嫌じゃないよ」
「一応医者目指してるし」

「え・・・」
「ほんと?」

恭介の答えが意外だったのか、少し驚いた様子の翔子。そして、目を潤ませながら恭介の手を握りしめ、その場にへたり込みます。

「じゃあ」
「慣れたらあたしのことさらいに来てほしいな」
「・・・なんて」

それから時は経ち、恭介は高校生に。

(「・・・いいよ」)
(あんな口約束)
(もう覚えてないと思ってるだろ・・・?)

恭介は道端で偶然 翔子と出会います。

「恭・・・」
「ちゃん・・・?」

翔子のとなりには、同い年ぐらいの立派な姿をした男性が。