漫画ファンBlog

大好きな漫画について語り合いましょう♪

カカフカカ7巻32話のネタバレ

  コメント (0)

Kiss2018年3月号のカカフカカ32話のあらすじと感想です♪

32話はおそらくコミック7巻に収録されると思います。

カカフカカ7巻32話のあらすじ【ネタバレ注意】

亜希と長谷

気がつくと、目の前に長谷の顔があることに気づく亜希。長谷の体温が直接伝わってきて、とても温かく感じます。

そのまま2人はゆっくりとキス。そして、唇を離すとお互いに驚いたような顔をしています。

再び長谷が亜希にキスし、長谷の手が亜希の髪や頬を触ります。

(・・・心地いい)
(嬉しい)
(気持ちいい)
(・・・まるで自分が)
(何か少し)
(いいものにでもなったような気がする)

唇を離し、再度キスをする長谷。同時に長谷の手が胸に伸びてきて、亜希はハッとします。

「あ・・・あのっ」
「ごめんなさい!」
「・・・あたし」
「まだ本行と」
「・・・付き合ってるんで・・・」

亜希はあわてて長谷を突き放します。長谷はキョトンとした顔を見せますが・・・

「・・・まだ?」
「”まだ”付き合ってる」
「・・・て言ったよね」

そう確認すると、満足そうに帰っていきます。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

亜希

部屋に戻り、ひとり呆然とする亜希。亜希が誰かに真正面から好きだと言われたのは生まれて初めて。

(思った以上にガツンと響いた)
(・・・嬉しい)
(嬉しいもんなんだな)
(こんな)

亜希は長谷が自分に気を使ってくれるのがとても嬉しく、キスもとても心地よかったことを思い出します。

(私はたぶん)
(長谷さんのことを好きになる)
(好きになれる)

そう思いながらも、自分が本行から逃げているように感じる亜希。しかし、付き合い始めてからというもの、本行とは挨拶の言葉をかわすだけ。辛い思いばかりが蘇ります。

(焦って必死の思いでした)
(添い寝の誘いも)
(あっさり流されて)
(・・・あれが一番きつかったな)
(心折れた・・・)

今はヒドく虚しく、どうしてこうなったのか考えることすらしんどくなってきます。

(・・・あれ?)
(いや)
(むしろこれ)
(今の泥沼から逃げ出すチャンスなんじゃ・・・!?)

長谷のことが気になってきて、キスをしたのも事実。それを自覚して、亜希はハッとします。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

亜希と本行

翌朝、本行と顔を合わせた亜希は、付き合い始めてから本行が素っ気なくなったように感じることを正直に打ち明けます。

「・・・や」
「別に」
「そういうつもりは・・・」

そう言いながらも、亜希は本行が目を逸らしたのを見逃しません。

(・・・ああ)
(ダメだ)
(ごめん)
(やっぱりもう無理)
(寺田亜希24才)
(逃げます)

本行の態度にポキっと心が折れてしまった亜希。

「付き合うの」
「やっぱりもう」
「やめにしていい?」

亜希は思いって別れを提案し、ジッと身構えます。

「うん」
「わかった」

本行の答えは予想通りのもの。しかし、亜希が顔を上げて本行に目をやると・・・

「・・・寺田さんが」
「そう言うなら・・・」

本行はズーンとひどく悲しそうにショゲています。

本行の気持ちがますます分からなくなり、混乱する亜希。

(いや)
(もういい)
(もう考えない)
(・・・もうこいうのに振り回されないって・・・)
(逃げるって)
(決めた)

結局、そのまま2人は別れることに。本行を好きだという思いはまだあるものの、本行の気持ちが全く見えないことがヒドく怖く感じます。

(本行を好きでいる限り)
(その”こわい”はずっと続く)
(・・・こわいのは嫌だ)
(安心していたい)

それから亜希は、あかりに別れたことを告げますが、反応はアッサリしたもの。

さらに、しばらくしてあかりから別れたことを聞いた長谷が、嬉しそうに話しかけてきます。

「トモと別れたんだって?」
「じゃあ」
「俺らもう付き合ってるってことでいいんだよね?」

亜希は、昨日の今日でホイホイ乗り換えていいものか確認しますが・・・

「元々オレはそれが狙いだったんだし」
「ホイホイ俺に乗り換えてよ」

長谷の言葉に、苦笑いさせられます。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

カカフカカ7巻32話の感想【ネタバレ注意】

亜希と本行は結局別れてしまいました~ すごい残念ですし、亜希にはもう少し頑張ってほしかった気もします。

でも、亜希の気持ちもよく分かります。誰かを好きになると幸せな気持ちと一緒に、不安な気持ちも付いてきちゃうんですよね。

相手が他の人と親しくしていたり、何となくいつもより素っ気なく感じたり、そういうちょっとしたことでドンドン不安になっていきます。

人間は何かを得る喜びより、失う痛みの方が大きいみたいなことを言いますし、好きでいるよりも、誰かに好きだと思われる方が幸せというか安心しちゃうのかなあ。

亜希は特に自分に自信が持てないタイプなので、本行みたいに何を考えているか分からない人とは、最悪の相性なのかもしれませんね(笑)

でも、物語的にこのままということはないと思いますし、亜希と本行がまた惹かれあうとしたら何がキッカケになるのか、とても楽しみです♪