クズの本懐8巻44話のネタバレ感想

ビッグガンガン2017年1月号のクズの本懐44話のあらすじです♪

44話はおそらくコミック8巻に収録されると思います。

クズの本懐8巻44話のあらすじ【ネタバレ注意】

鳴海と茜

暗い部屋で鳴海に酒を飲ませる茜。鳴海はいい具合にお酒がまわってきたように見えます。

(よしよし)
(いーかんじ)
(さっさとやるコトやって・・・)

茜は、その前に訊いておきたかったことを思い出します。

「あのう」
「『やめなくていい』って」
「どーゆー意味ですか?」

茜は少し改まったように尋ねますが・・・

「ああ」
「好きでやってるんでしょう?」
「やめなくていいですよ」

鳴海はキョトンとして、そんなことかとでも言いたげな表情。

「私は好きでやってるけど」
「そっちはどうなのって・・・」
「はな・・・し」
「でしょ」

「・・・んー」

茜がイライラしながら再度問い詰めると、鳴海は少し考え込みます。

鳴海の反応

鳴海の返事を待つ茜。するとドクンドクンと胸が高鳴ってきます。

(ていうか何これ)
(何緊張してんの)
(返答なんてなんでもいい)
(関係ない)

「オレは」

「私はっ」
「嫌です」
「嫌がってくれないと!」

ようやく鳴海が何かを言いかけますが、それすら待てないかのように茜が言葉をかぶせます。

「そうかあ」
「でもオレは好きです」
「好きなままです」

軽く苦笑いを浮かべながらも、本音で答える鳴海。

そんな無条件で自分のことを好いてくれる鳴海のことが、茜はよく分からなくなってきます。

「ど・・・うしてそんなに」
「私なんかのこと好きなの?」

茜の目からポロリと涙が。

すると、鳴海は茜のおでこにチュッとキスし、抱きしめます。

「『好き』の理由を説明するのは難しいですけど・・・」
「オレは好きな人にはただ」
「元気で生きててほしいんです」

布団

目を潤ませながら、今度は逆に自分から鳴海の唇にキスをする茜。

「それじゃダメよ」
「足りないわ」
「足らなくないの?」
「足らなくなってよ」

茜は再度唇を重ねながら、浴衣を脱いでいきます。

「きっと」
「欲しがって欲しがって」
「めいっぱい傷ついても」
「それがきっと・・・」

(あ)

言いかけて、茜はハッとあることに気づきます。

(あるじゃない私にも)
(当事者意識)

茜は布団に寝っ転がり、下から鳴海を迎い入いれます。

(それがきっと)
(特別な傷なら強くなれるから)

身体を重ねる茜と鳴海。

(・・・うわ)
(こんなに)
(きもちいいんだ・・・)

翌朝

「あ・・・たまいった・・・」

「私も・・・」

翌日、2人は2日酔いで目を覚まします。

すると起きた早々、鳴海は改まったように茜に向き合います。

「みなっ・・・」
「茜・・・さん!」
「けっ・・・こんして下さい!」

鳴海の求婚にハッとなる茜。茜はいま鳴海に抱いている感情が本物なのかどうか自分でもよく分かりません。

(じゃあどうする?)
(確かめなきゃね)

「・・・いいけど」
「めちゃくちゃ浮気しますよ」

「い・・・」
「いいんですかー!?」
「やったー」

茜の返事に鳴海は子供のように大はしゃぎ。

「浮気はいーのか」

茜がツッコミますが、鳴海はそんなことはどうでもいいようです。

クズの本懐8巻44話の感想【ネタバレ注意】

今回まさか2人が結婚するなんて話になるとはー。この旅行でそんなとこまで行くとは思ってなかったんで驚きました。

鳴海の気持ちは、正直よく分かりません。子供がどんなに悪いことをしようと親は絶対に子供を嫌いにはならない、みたいな感情に近いのかなあ。

まあ、ネトラレ属性なんて人もいるぐらいなので、愛情の形ってのは人それぞれなのかもしれません。

これで花火と麦の恋が成就することはなくなってしまいましたね。2人が鳴海や茜のことを踏ん切りをつけて、お互いを好きになれれば一番いいんでしょうけど、そう簡単なものでもないのかな。

ここしばらく花火の出番が少ないですが、2人の婚約を聞いた花火がどんな反応をするのか心配です(-_-;)

コメント

  1. 砂漠のライオン より:

    鳴海先生の精神性って特殊としか、、
    母の死が大きく関与しているのは間違いない
    けっして寝取られ属性ではなさそう
    ビッチ茜が「お母さん」?これではやはり理解しきれない
    存在してくれだけで充分、、それ以上は望まないなんて凄すぎる
    聖人君子としか適当な言葉が見つからない
    でも
    ビッチ茜にとって先生が無二の存在になったことはうれしい
    先生って足元を気にせずに起立できる大地なんだろうな
    最後のビッチ茜の「めちゃくちゃ浮気しますよ」にほっこりした
    おそらくしないんだろうな

  2. 匿名 より:

    ごめんお、上のコメントとは意見が違っちゃって

    二人の今後を想像しました
    結婚して最初は結婚生活も上手く行きます
    でも茜の浮気はなおりません
    やがて身ごもるけどそれは鳴海の子ではなくて・・・
    になるのが落ち
    普通は無理ですwww”性”っていうんですかね
    知り合いにいますよw魔性の女
    悪気無く浮気しますw
    好きは本気、でも続かない。旦那は知りません
    知らぬが仏ですw
    通常の神経の持ち主の男なら浮気や托卵ですり減っていきますよね

    浮気する人は男でも女っでも直らないんですよね
    一生直りません
    ただ、マンガなので茜が改心してめでたしめでたし…と
    鳴海があまりにも残念なキャラです

  3. 匿名 より:

    ビッチ茜先生は大して好きでもなかった麦も先生も夢中にさせたけど、
    花火はずっと好きだった先生にも本気で好きになりかけた麦にも振られて独りぼっちっていうのが悲しくなる
    花火には迷走麦や頭おかしい先生よりもっといい人に出会ってほしい

  4. 匿名 より:

    上にあったけど
    確かに現実浮気性はなおらない
    でもマンガだから夢を観させて欲しい
    貞操にこだわる哀しい男のロマン
    改心して生涯献身してくれ、ビッチ茜先生
    ビッチ子宮頸がんで早死、花火と再婚だったら笑える

  5. ケン より:

    はじめましてです。私の名前はケンといいます。クズの本懐は素晴らしい作品ですよね。内容&キャラクター達のドロドロ具合は、かなりヤバい(15禁指定は必要だと思います)ですがクオリティは本当に高いですよ。作者のノイタミナさんは一流作家の1人だと思ってます。
    管理人さんのネタバレ感想も良いものだと思ってます。クズの本懐の内容&登場人物達の心情を見事に捉えている感じを持てますよ。複数回見ても飽きないです(*^_^*)これからも頑張って下さいね!

    完結まであと少しのところまで来ていると思いますが、結末は予想できませんよね。一流の悪女だった皆川先生が、恋愛経験ゼロで超天然な鐘井先生に惚れそうになってしまう&恋人関係における当事者意識を自覚させられる&泣かされるなんて今でも信じられませんよ(@_@;)彼女みたいな一流のビッチが好きになる男性は、一流の女たらし(一流ホスト・凄腕の男性結婚詐欺師等)位なものだと考えてましたから。鐘井先生の優しさ&純粋さ&亡き母親・皆川先生に対する愛情は、一流の女たらしである男性達にも勝る超強力な武器なのかもしれません。対皆川先生においては。

  6. 名無し より:

    ダメだ鳴海もたいがい頭おかしい
    やっぱり頭おかしい同士くっつくんだな

  7. 匿名 より:

    茜の浮気性が完全に治ることはないというコメに賛成です
    でも最終的に帰る場所は絶対鳴海で固定されるようになるんだろうなと思います
    「旦那と離婚して俺と再婚しよう」という浮気相手には冷笑で返すタイプ
    鳴海も色々普通とは基準が違うので案外夫婦円満でいくんじゃないかと
    光源氏と紫の上の性別逆転バージョン
    ただ本人二人は円満でも子供に影響が出るんじゃないかとも思いますね
    茜はこれまで強かでしたのでこれから先も浮気相手の子を妊娠するようなミスはしないでしょう
    だからこの場合の子供は真っ当に茜と鳴海の子
    たとえ夫婦円満かわいい二人の子供もできましたであっても
    夫婦円満の形が普通と違ってるのはどうしようもないわけで
    お互い納得ずくの夫婦はよくてもその間で育つ子供が世間一般とのギャップに苦しむ可能性は高いと思います

  8. 匿名 より:

    ヤリチンの男が落ち着いた女と結婚することなんてよくあるのでとてもリアルな組み合わせだなと思いました。

  9. 匿名 より:

    とりあえず、どうでもいい
    クズはクズ
    しかし、本人同士が頭おかしい人だったりクズだったりすれば気づかないうちは幸せに暮らしたり付き合ったり結婚したりできます

  10. 匿名 より:

    何か鳴海さんの気持ちも分かる気がします。
    NTR属性は無いけど、本当に好きな人の事はどんな性格でどんな事をしていても好きです。

  11. 匿名 より:

    漫画だからこそ幸せになって欲しいですね

タイトルとURLをコピーしました