漫画ファンBlog

大好きな漫画について語り合いましょう♪

LDK24巻94話のネタバレ感想

      コメント (2)

別冊フレンド2016年7月号の94話の感想です♪

94話はおそらくコミック24巻に収録されると思います。

LDK24巻94話のあらすじ【ネタバレ注意】

朝、葵が柊聖の腕の中で目を覚ますと、目の前には柊聖の寝顔が。葵は幸せそうに目を閉じます。

葵が寝たふりしていると、柊聖が葵の顔を触ってきます。

(・・・あれ?)
(柊聖おきた?)

柊聖の手が頬から髪へ。

(わあああ)
(柊聖の手気持ちいいな)
(もーちょっと寝たフリ・・・)

すると、柊聖の指が顔の頬を思いっきりツネります。

(イタイイタイイタイ!!!)
(ちょっと柊聖手加減してよ)

葵が我慢出来ずに目を開けると、目の前に柊聖の笑顔が。一瞬見とれた後、葵はカシャッと写真を撮ります。

「おい」

突然、写真を撮られ少し恥ずかしくなる柊聖。

「あ」
「ごめんつい・・・」
「あ~~~」
「くやしいな」
「最初の笑顔を撮りたかった」

「没収」

葵は、柊聖にスマホを取り上げられてしまいます。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

写真

「・・・つーか何これ」

「・・・柊聖フォルダです」

葵から奪ったスマホを眺める柊聖。着替えているところや、食器を洗っているところ、映画を見ているところなど、色々な写真が撮られています。

「あ」

今度は、ウェディングドレス姿の葵をお姫様抱っこする柊聖の姿が。

「・・・これが一番激レアだね」

柊聖は写真の葵と、横に寝っ転がる葵を見比べると、突然ムクッと起き上がります。

「・・・誕生日にさ」
「オレがあげた指輪ある?」
「指輪どこ」

突然、変なことを言われ、大事にしまっていた指輪を取り出しす葵。柊聖は葵から指輪を受け取ると、スッと葵の指にハメます。

「左手・・・」

指輪は左手の薬指に。

「ちゃんとしたの買うまでこれつけてて」
「右にハメるの禁止な」
「他の男が寄ってきたら」
「ちゃんとアピールするように」

「うんっ・・・」

葵は思いっきり柊聖に抱きつきます。

キスをし、再び身体を重ねる2人。

「・・・お父さん」
「怒るかな」

「いーよ」
「100万回殴られる覚悟はできてる」

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

数日後

「それでは第1回」
「柊聖を送る会を・・・」
「はじめたくなーーーい!!」
「いくなよ柊聖~~~」

泣きながら柊聖に抱きつく雄大。柊聖は困ったように立ち尽くします。

「第1回ってなんだよ」

「バカ」
「何度でもやるんだよ」

雄大の側では、翔太まで涙ぐんでいます。

「あのブラザー柊聖くんのこと好きすぎでしょ」

「一番寂しいのは葵なのにね」

パーティにはかえで達の姿も。

「ちゃんと話し合った?」
「納得できてる?」

「できてるできてる」
「遠キョリ上等!!」

寂しいことを聞かれるものの、葵は笑顔でキッパリと答えます。

「マジか」
「あたしだったら耐えらんなーい」
「毎日スキな人には会いたいもーん!!」

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

さらに数日後

「はろーーー!!」
「はわいゆーーー!!」

この日、スマホとパソコンでテレビ電話のテストをしている葵と柊聖。

「おっ」
「うつりました!!」

カメラ越しに会話していると、柊聖がスッと手を伸ばしてきます。同じように手を伸ばし、手のひらを重ね合わせる葵。

「・・・かたい」

葵は寂しそうにつぶやきます。

夜になり一緒にご飯を作る2人。最近 特訓していたようで、柊聖の料理の腕も大分あがっているようです。

「自炊始めたら」
「柊聖」
「意外と料理上手になるかもね」
「アメリカにしかない食材駆使しちゃったりとか」

「葵の味にはならないよ」

今度は、柊聖が寂しそうにつぶやきます。

夕食を終えると、帰っていく柊聖。葵はアパートの外まで見送りますが、別れるのがとても名残惜しくなります。

「・・・おやすみ」
「見てるから行きな」

キスをし、柊聖に見送られながら葵は部屋の中へ。

部屋にはもちろん誰もいません。

「・・・けっこー」
「準備すすんじゃったな・・・」

左手の指は見つめる葵。指輪の上に、ポトっと涙が落ちてきます。

「・・・・・・っ」
「・・・はなれたくないよ・・・」

丁度そのころ、草樹があわてて車をどこかへ走らせています。

「・・・どういうことだよ・・・っ」

P.S. こちらの記事もおすすめです♪
今すぐ無料で読めるおすすめ恋愛漫画20選!