漫画ファンBlog

大好きな漫画について語り合いましょう♪

なまいきざかり14巻78話のネタバレ感想

      コメント (0)

花とゆめ2018年6号のなまいきざかり78話のあらすじです♪

78話はおそらくコミック14巻に収録されると思います。

なまいきざかり14巻78話のあらすじ【ネタバレ注意】

部活

この日は、新入生加入後の初練習。

「ちょっと昔お別れした人のこと思い出しただけ」

由希はこの前のことがあり諏訪さんのことが気になりますが、特に変わった様子はありません。

(あの後はバイトでも部活でもいたってフツーだし)
(よくある話なのかな?)
(まあ)
(恋多き人なんだろうし・・・)

この日の練習を、宇佐三さんも入り口から覗きにきています。

(・・・危険だと・・・)
(わかっちゃいるが)
(くそイケメン)
(字余り)

宇佐三さんがジーっと諏訪さんを見つめていると、なんと諏訪さんが入り口の方を振り向き、軽く手を振って微笑みます。

諏訪さんの思わぬ行動にドキッとする宇佐三さん。そして、同じように軽くてを上げますが・・・

隣の女性も、同じように手を振っています。

「「!!?」」

お互いに気づき、睨み合う2人。

しかし、隣の女性はすぐに走り去っていってしまいます。

(ん!?)
(ん!?)
(え)
(誰あの女)

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

翌朝

朝練後の体育館。

宇佐三さんから、昨日の部活のことを相談された由希。諏訪さんの真意を確かめるべく、2人が諏訪さんを探していると、昨日の女性が体育館をのぞいています。

(・・・ん?)
(んん?)
(もしや・・・!)

女性の顔を見て、由希は何か思い当たりがある様子。

「あの・・・」
「去年お花見で諏訪さんにビ・・・」
「諏訪さんから聞いたんです」
「彼氏持ちの女そそのかしてビンタくらったって」

由希が声をかけると、女性は驚いた表情に。

「・・・諏訪くんがそう言ったの?」
「・・・それ全部ウソだよ」

何と、二股をかけて、そそのかしたのは女性の方だったとのこと。

そして、あの日・・・

「ごめん黙ってて」
「でも彼とは別れる」
「わたし諏訪くんが」

「いや」
「彼んとこ戻った方がいいと思う」

女性は諏訪さんにアッサリと振られてしまいます。

「あまりに何事もなかったかのように退かれたのがショックでぶっ叩いたの・・・」

「酷いな!」

衝撃の事実に、宇佐三さんは驚愕します。

女性はその時の社会人の彼氏と結婚することになり、最後に諏訪さんに謝りたかったようです。

女性と別れ、由希と2人っきりになると、宇佐三さんははぁ~と、とても辛そうにため息を吐きます。

「諏訪さんのこと分かんなくなってきた・・・」
「もう考えんのイヤってくらい考えてしまう・・・」

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

由希と諏訪さん

その日の夜。諏訪さんとバイトのスタッフルームで一緒になった由希は、今朝の女性のことを伝えます。

「まぁでもそっかー」
「オレみたいなのフッといて大正解だったってことだな」

自分を卑下するような態度の諏訪さん。

すると、由希はダンッと椅子から立ち上がります。

「・・・すっ」
「諏訪さん」
「悪い男ぶってませんか!?」

諏訪さんが自分が悪かったように振る舞ったのは、彼女を傷つけないため。そして、女性が近づいてくれば、いつも一線を引いて相手を傷つけないように付き合っているようにしか思えません。

「そうやって」
「自分一人が悪者になって」
「人を遠ざけようとするのは・・・」
「優しさじゃないと思います」

由希の言葉に、諏訪さんは昔自分のもとを去っていった女性の姿を思い浮かべます。

「そうだよ」
「優しさじゃない」
「人を遠ざけるのは傷つかないため」
「自分の身を守るため」

由希の方に歩みよる諏訪さん。

「気づいてくれたのは」
「町田さんだけ」

由希の頭に手をやり、すぅっと諏訪さんの顔が近づいてきます。