漫画ファンBlog

大好きな漫画について語り合いましょう♪

なまいきざかり15巻84話のネタバレ感想

      コメント (0)

花とゆめ2018年14号のなまいきざかり84話のあらすじです♪

84話はおそらくコミック15巻に収録されると思います。

なまいきざかり15巻84話のあらすじ【ネタバレ注意】

放課後

由希と成瀬が、由希の部屋へ行こうとしていると、後ろからノソっと人影が近寄ってきます。

「おやおや」
「今日も仲良くお泊りですか・・・?」
「私だっていちゃいちゃしたいよ゛~~~~っ」

声の主は宇佐見さん。2人のラブラブな様子を見て、泣き叫びます。

由希達はとりあえずファミレスへ入って、宇佐見さんの話を聞くことに。

告白してから諏訪さんからは全く連絡もなく、今日学校で顔を合わせたのに、あからさまにスルーされてしまったとのこと。

「これってもう私とは口も聞きたくないってことじゃん・・・」
「どうせ嫌われて終わるなら」
「あんな勇気出さなきゃよかった・・・!」

ガックリする宇佐見さんを見ながら、どこかおかしく感じる由希。

(あの諏訪さんがそんな露骨に人のこと避けたりするなんて・・・)

由希はバイトの時、さり気なく諏訪さんに探り入れることにします。

そして、バイトの時間。

すでに仕事を始めている諏訪に、由希は挨拶します。

「そーいえば今日・・・」
「宇佐見さんがお店に来るかもって・・・」

バラバラバラバラ

ドッ

諏訪さんが並べていた商品が崩れ落ちます。

諏訪さんは明らかに動揺した様子。しかし、すぐにいつものようにニコニコしだし、何か探ろうとしても誤魔化されてしまいます。

結局なにも分からないまま調査は終了。

「どうせ嫌われて終わるなら」
「あんな勇気出さなきゃよかった・・・!」

先ほどの宇佐見の言葉を思い出す由希。

(宇佐見さんには)
(そんな風に言ってほしくない)
(早く)
(いつもの真っ直ぐな宇佐見さんに戻って)

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

翌日

バスケ部はもうすぐ合宿。マネージャーだけでは人手が足りず、いつもヘルプを呼んでいるようで、由希は先輩から宇佐見さんにも来てもらえないか頼まれます。

お昼、学食でそのことを伝える由希。

「合宿!!!?」
「私も付いてっていいの!?」
「リア充の怪物になれるってこと!?」

「いや怪物ではなく・・・」

由希の話に宇佐見さんは、めっちゃ食いつきます。

すると、調度そこへ諏訪さんが通りかかります。

「こん・・・」
「にちは・・・」

「うん」
「こんにちは」

宇佐見と由希にニッコリと挨拶して、離れていく諏訪さん。

いつもと全く変わらぬ諏訪さんの態度に、宇佐見さんはガックリします。

(一瞬だけ壊せたような気がした)
(諏訪さんの中にある壁のようなものが)
(元通りに・・・)

その日の夜、成瀬が由希の部屋へ来ると、宇佐見さんがベッドに寝転がり、魂の抜けたような顔をしています。

由希からお昼の出来事を聞いて、怪訝そうな顔をする成瀬。

「・・・避けられんのが嫌で」
「フツーに挨拶されんのも嫌なの?」
「じゃあ宇佐見さんはあいつにどーして欲しいの?」

宇佐見さんは、成瀬の言葉にハッとします。

「全部なかったことにしてほしーの?」
「せっかく勇気出したのに」

宇佐見さんは起き上がると、コンビニへ向かって駆け出します。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

諏訪さんと宇佐見さん

(そうだよ)
(誰にどうして欲しいかじゃない)
(私がどうしたいかだ)

宇佐見さんがコンビニへ行くと、諏訪さんは外でゴミ出しをしています。

宇佐見さんは諏訪さんに声をかけ、合宿のヘルプに行くことを伝えます。

「でも」
「諏訪さんが『来るな』って言うなら合宿は行きません」
「合宿やめて」
「合コン宿します!!!」

「合コン宿って?」

宇佐見さんの勢いに圧倒されてしまう諏訪さん。

「合コン行ってそのまま泊まってくることです」

「ちょ・・・」

それだけ言って宇佐見さんが去ろうとすると、その手を諏訪さんが掴みます。

「来たいなら来れば・・・」
「合宿」

困ったような表情を浮かべる諏訪さん。

「宇佐見さんて」
「なんでこんな面倒なんだろ・・・」

その言葉に、宇佐見さんの顔がパーっと明るくなります。

「諏訪さん」
「今の」
「私には褒め言葉ですよ」