漫画ファンBlog

大好きな漫画について語り合いましょう♪

なまいきざかり16巻94話のネタバレ感想

      コメント (3)

花とゆめ2019年2号のなまいきざかり94話のあらすじです♪

93話はおそらくコミック16巻に収録されると思います。

なまいきざかり16巻94話のあらすじ【ネタバレ注意】

大学

大学で顔を合わせる、由希・成瀬・宇佐美さん・諏訪さん。

「というわけで」

「お付き合い始めました」

宇佐美さんと諏訪さんは、嬉しさを隠しきれないといったように顔をニヤニヤさせながら、由希達へ報告します。

そんな宇佐美さんの様子を見て、思わず涙が溢れてくる由希。

「宇佐美さん」
「・・・いっ・・・」
「いっぱいが・・・」
「がんばって・・・」
「から・・・」

由希は、感極まりながら祝福します。

(宇佐美さんも諏訪さんも)
(ここまで色々あったけど・・・)
(全部間違いじゃなかったんだ)

その日の翌日、バスケ部は他校と練習試合。そして、相手には何と元三寿々のキャプテンがいます。元キャプテンの吉良さんは、以前 袴田が由希のことを相談しにいった相手。

吉良さんは、袴田を見つけると早速由希とのことを茶化してきます。

「やめてください」
「合宿で色々あったところで今かなりデリケートっつーか・・・」

「色々ってまさかお前」
「キスか何かの一つくらいで状況変わったとでも思ってんのか?」

袴田の真っ青を顔を見ながら、吉良さんは鼻で笑います。

「キスの他には?」
「毎日話しかけるとか」
「見た目褒めるとか」
「ご飯誘ってみるとかしてる?」

「さすがに誘えるわけないでしょ」
「向こうは一応男いるんスよ」

袴田はさすがにそんなことまで考えもしていないようですが・・・

「だかったら最初から人のモンに興味なんか持つんじゃないよ」
「ばかが」

吉良さんは本気でバカにしたように、冷たく叱りつけます。

「略奪ってのはつまりお前が彼氏になって」
「あのコを彼女にするってことだろうが」
「お前のーーーんびりそれを理解して覚悟決めたころには・・・」
「町田さんは別の誰かの」
「『嫁』になってるぞ」

由希が嫁になったところをリアルに想像してしまい、袴田は目の前が真っ暗に。

(うわあああああああああああああああああああ)

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

袴田

吉良さんに焚き付けられた袴田は、由希を見つけて話しかけます。

「町田さん!」
「そっ・・・」
「そのポロシャツ・・・っ」
「めっっっちゃかわいいっすよ!!!?」

袴田は真っ赤になりながら、由希を褒めますが・・・

「ふっ」
「ふつうに部の公式の・・・」
「やつだけど・・・」

由希は不審そうな顔をして、袴田を見つめます。

袴田がどうしていいか分からないでいると、すぐに試合の時間に。そして、何とこの試合に1年生で唯一袴田がメンバーに抜擢されます。

(・・・正直)
(いくらかっこつけたって)
(セリフ選んだって)
(オレなんかじゃ上手くいかねぇってわかってる)

試合が始まりしばらくすると、コーチから袴田に声がかかります。

(けど)
(バスケなら)
(唯一バスケなら・・・)
(自分の気持ちを吐き出せる)
(オレなら)
(オレのバスケなら・・・)
(あんたの目を奪えるはずだ)

コートを縦横無尽に駆け回る袴田。

(よそ見なんてさせない)
(2分でも)
(1分でも)
(あんたの目に)
(オレだけを移しておくためなら)
(どんなに走っても倒れたりしない)

上級生にも全く引けを取らない袴田のプレーに、ベンチから応援していた由希は目が離せなくなってしまいます。

そして、袴田の活躍もあり、試合は見事央崎の勝利で終了。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

試合後

試合後、由希が倉庫で後片付けをしていると、袴田が入ってきます。

「はっ・・・」

イキナリ由希を抱きしめる袴田。由希は思いっきり狼狽しますが、袴田は強く抱きしめ続けます。

「オレのことちゃんと見ててくれましたか?」
「怒られるだろうけどオレ・・・」
「今日みたいな不真面目なバスケしたの初めてです・・・」
「周り全然見てなくて・・・」
「ボールから離れたくなくて・・・」
「町田さんにかっこよかったって言わせたくて・・・」

袴田のストレートな言葉に、思わずキュンとする由希。

(いやいやいやいや)

由希は強引に袴田を引き離しますが、袴田も全く引く様子はありません。

「かっこよかったですか!?」
「答えてくれるまでどかないっす」

袴田の頑なな態度に、由希はどう答えていいか分かりません。

「み」
「・・・・・・っ」
「”みんな”かっこよかったよ!!」

「お・・・オレは・・・」
「町田さんだけかわいいです・・・」

恥ずかしそうにそう言い残すと、倉庫を出ていく袴田。由希はその場に呆然と立ち尽くします。

その頃、成瀬はひとり部室でふて寝中。

「・・・オレも」
「死ぬ気でやんなきゃまずいかも」