狼陛下の花嫁16巻89話のネタバレ感想

LaLa2017年2月号の狼陛下の花嫁89話のあらすじと感想です♪

89話はおそらくコミック16巻に収録。16巻の発売日は2017年5月2日です。

狼陛下の花嫁16巻89話のあらすじ【ネタバレ注意】

王宮

柳方淵から先日の賞月の宴での陛下の様子について聞く夕鈴。陛下に心酔しきっている柳方淵の口からは、儀式でのカッコイイ陛下の姿が語られ、夕鈴は身体がムズムズしてきます。

後宮の外では冷酷非情の狼陛下だと改めて実感し、ドキンとする夕鈴。

(・・・ちなみに今朝の後宮ではこうだった)

仕事に行く準備もせず、夕鈴にベッタリとくっついて離れない陛下。

夕鈴が注意しても・・・

「やだ」
「もっとゆーりんとひっついていたい」

と、離れそうとしません。

さすがに夕鈴が怒って引き剥がすと、陛下はクスクスと笑います。

「夕鈴は怒っててもふくれても可愛い」

その小犬のような愛らしい笑顔に胸がグッとくる夕鈴。

(あんな小犬顔見たら柳方淵なんて卒倒するんじゃないのかしら)

恵紀鏡

夕鈴が柳方淵と世間話を続けていると、物陰から恵紀鏡がジーっとこちらを見つめています。

ちょうど柳方淵が仕事で呼ばれ、部屋には夕鈴と恵紀鏡の2人っきりに。

「そういえば方淵殿の兄上 柳経卓殿は少し前に地方へと配属されたのだとか!」
「風の噂ではお父上 柳大臣のお命令だったと・・・」
「親子げんかでもされたのでしょうか?」

例の闇商人の騒ぎで、柳経卓が左遷されたことを思い出す夕鈴。

「現当主と後継ぎの確執・・・」
「王都に残る優秀な次男・・・」
「何か面白いことでも起こりそう」
「ですよねぇ」
「ふふっ」

恵紀鏡は、無表情ながらおかしそうに笑います。

「・・・恵紀鏡どの」
「私はそういった世間話は好みません」
「妙な憶測で部外者が」
「他家の事情について語るものでもないでしょう」

恵紀鏡を冷たい目で見つめる夕鈴。

(なんなのかしらこの人は)
(はっきりとした悪意が見えるわけではないんだけど)
(いちちち微妙な言い回し・・・)
(王宮の人間らしいって言えばそうなんだけど)
(うーん・・・)

仕事も一段落したようで、この日は後宮へ戻ってきている陛下。夕鈴は、今日 柳方淵から賞月の宴の話を聞かせてもらったことを伝えます。

しかし、陛下が隠す怖い狼の姿について興味が出てきたことは口にできず、身体をむにゅむにゅさせてしまいます。

そんな夕鈴の身体にそっと手を伸ばし、じゃれついてくる陛下。

(こういう風にじゃれる時の陛下は)
(手も唇も全部優しくてくすぐったい)
(儀式でかっこいい陛下もうらやましいけど)
(こっちは私しか知らない陛下だ)

すると、突然 陛下が狼の顔に。そして、イキナリ夕鈴の頬にガブっと噛みつきます。

「!?」
「へーかいまなんでほっぺ咬んだ!?」

「・・・あれ?」
「なんでだろう?」

狼狽する夕鈴。しかし、陛下はキョトンとして、首をかしげていますます。

(あれ!?)
(なんか怖い狼)
(にゅるっと出てこなかった!?)

コメント

タイトルとURLをコピーしました