狼陛下の花嫁14巻特別編のネタバレ感想

LaLa9月号の狼陛下の花嫁特別編のあらすじと感想です♪
特別編はおそらくコミック14巻に収録。
14巻の発売日は2015年1月ごろだと思います。

狼陛下の花嫁14巻特別編のあらすじ【ネタバレ注意】

後宮入り前

夕鈴が狼陛下の正式な花嫁になる少し前のお話。

李順に渡された王宮や後宮のしきたりなどに関する大量の本に混じって、異物感を放つ分厚い書が。ちらりと中身を確認し、すぐにパタンと書を閉じた夕鈴の顔に困惑の色が浮かびます。

そこへ仕事を終えてやってきた陛下。出迎えた夕鈴をぎゅっと抱きしめます。陛下に抱かれ、いつものようにカーッと赤面する夕鈴。しかし、いつもに増しての緊張っぷりで、カタカタと震えてさえいます。

夕鈴の様子がおかしいことに気づき戸惑っている陛下へ・・・

「私達」
「演技じゃなくて」
「もうすぐ本当の」
「ふ・・・」
「夫婦になるんですよね・・・?」

「・・・うん」

「どうしよう・・・」
「下町に帰りたい・・・」

思わぬ夕鈴の言葉に呆然となり思考停止状態の陛下。あわてて夕鈴がそういう意味ではないと否定しますが、まったく陛下の頭には届きません。

秘伝

しばらくして、停止状態だった陛下の思考回路もようやく再起動。夕鈴があらためて、どういうことか説明します。

老師から書物を渡されたという夕鈴。その表題は・・・

「後宮秘伝 夜の作法はこれでバッチリ!!」

夫婦には絶対必要な知識だと言われパラパラと呼んでみたところ、自分が思っていたこととはあまりに違い、下町の友達に確認しに行きたくなったようです。

陛下は、混乱しすぎて涙ぐむ夕鈴をなんとか落ち着かせると・・・

「僕は今」
「君と一緒に同じ時を過ごせるだけで幸せなんだ」
「君にはただいつもみたいに笑っていて欲しい」
「僕達はゆっくり」
「僕達らしい夫婦になっていこう?」

その言葉に感動する夕鈴。陛下の胸へ飛び込みます。

その後・・・

老師が置いていった本は陛下が没収し、老師へ突き返しますが・・・

「いくら怒られたってわしの猛攻は止まりませんぞ!!」

反省するどころか、すぐに次のラブラブ作戦を考えだす老師。

一方、夕鈴はあらためて陛下の優しさとカッコ良さに惚れなおします。

(このようにして)
(私と陛下は)
(私達らしく)
(『恋人』から『夫婦』への道を歩んだのでした)

コメント

  1. みぃ より:

    初めましてみぃと申します。
    つい先日、前々から気になっていた狼陛下の花嫁を大人買い(笑)してだだハマり。
    続きが気になってしょうがない状態のところ、ここにたどり着きました(*´ω`*)
    陛下と夕鈴が幸せそうで良かった&第二部に進むとは!?良かったまだまだお話続くんだ‼な感じで一人身悶えていました。
    新刊が発行されるまで、ここのブログさんを拝見しつつ、妄想して過ごそうと思います(°▽°)
    貴重な情報(内容)を教えてくださり、ありがとうございました‼

  2. spica spica より:

    コメントありがとうございます♪
    このところ更新で精一杯で返信遅くなって、申し訳ありません(-_-;)

    私もホントの妃になるところで終わっちゃうかなと少し心配してました。
    まだまだ続きそうでとてもうれしいですね♪

  3. れん より:

    結局の所 陛下は 夕鈴に 手を出したのか!?。

    、、、、気になる〜。

タイトルとURLをコピーしました