終わりのセラフ14巻53話のネタバレ感想

ジャンプSQ2017年2月号終わりのセラフ53話のあらすじと感想です♪

53話はおそらくコミック14巻に収録。14巻の発売日は2016年5月ごろだと思います。

終わりのセラフ14巻53話のあらすじ【ネタバレ注意】

ミカと鳴海

クローリーが館の中へ入っていき、優一郎もそれについて行きます。シノア達もその後を追うかと思いきや、唐突に鳴海がミカに話しかけます。

吸血鬼は自ら増えるのを禁じていると言われており、実際に周りに吸血鬼された者もなく、吸血鬼が何を考えているのか分からないという鳴海。

「が」
「なんとそこに世にも珍しい新しく増えた吸血鬼がいる」
「その新人吸血鬼に聞きたい」
「フェリドを救う?」
「クローリーと仲間になる?」
「それはどのくらい可能なんだ?」

鳴海は自分の腕に傷をつけ、腕から血が流れ落ちてきます。

鳴海の血を見て、湧き上がる衝動を必死にこらえるミカ。鳴海はミカの理性を試したいようです。

「ミカエラ君のことは信じよう」
「だからまず君に聞く」
「君はいつまで信じられる?」
「君の中の優はいつまで大切な家族だ?」
「君の人間性はどれくらいだ?」

ミカの反応

胸に手をやり、顔をしかめるミカ。

「君の言う通りだ」
「少しずつ」
「少しずつ」
「・・・僕の人間性は減ってる」

ミカは、この前 優一郎の血を吸ってから、自分の中の人間性が急速に減り始めたことを、正直に打ち明けます。

「くそ」
「君のタイムリミットの方が優より深刻だな」
「自分の感情が減っている」
「それを知ってるから君は一番フェリドやクローリーを信用できない」

切迫した事態になっていることを知り、頭をかかえる鳴海。

しかし、ミカによると全ての物事がどうでもよくなってきているのに、優一郎への感情だけはほとんど変わっていないようです。

「つまり吸血鬼にも多少の人間味が・・・」
「人間時代から引きずる執着があるのか」
「なら組める可能性はあるな」

そう言って鳴海はひとり頷きます。

指令

館の中を歩き回るクローリーと優一郎。すると、テーブルの上に封筒が置いてあります。

「よくぞここまで辿り着いたクローリー君」
「次の指令は『なぞなぞ』で出そうと思う」
「赤い帽子をかぶると背が低くなるものはなーんだ」

中には、こんなことが書かれており、クローリーは頭を抱えてしまいます。

結局、クローリーは答えが分からず、とりあえず優一郎にも聞いてみることに。

「ん?」
「簡単だろこんなの」
「ロウソクだろ?」

「え」
「ああ!」
「えらい!君頭いいね」

予想外にも優一郎が簡単に答えを出し、クローリーは驚いてしまいます。

答えの通り、今度はロウソクの辺りを調べて見ると、そこには新たな封筒が。

「あ」
「遅いぞおまえら」

ちょうどそこへシノア達もやってきます。

新たな指令

新しい手紙に目を通すクローリー。

「地下に優ちゃんたちの家族の死体」
「見せたら優ちゃん暴走するかも」
「仲間を全員守りながら」
「殺さず抑えきってクローリー君」
「フェリドバートリーより」

「・・・冗談でしょ」

書かれていた内容を見て、クローリーは困り果てます。

「どうした?」
「クローリー」

「・・・それが」
「800年ぶりに仲間を持たされて大変で」

弱った顔で、優一郎に答えるクローリー。そして、一旦ここで食事をして、その後 地下へ向かうことを告げます。

「地下?」
「地下にいったい何がある?」

「地下の話は」
「食後にしよう」

終わりのセラフ14巻53話の感想【ネタバレ注意】

これまで全然気が付きませんでしたけど、ミカは優ちゃんの血を吸ってから人間性が失われていってたんですね(´・ω・`)

言われてみると、確かにミカはフェリドを信用できないとやたらしつこく言ってた気がします。自分のことすら信じられなくなってきているのに、千年以上も吸血鬼でいるフェリドのことなんて信じられるわけがないって感じでかな。

それでも優ちゃんへの想いだけは変わっていないのを聞いて、鳴海隊長はフェリドにも何か執着があって、それがどういうものかによっては手を組めると考えたようです。

フェリドは何に執着してるんだろう。フェリドの考えてることなんてなんて全く分かりませんけど(笑)でも、手を組めるなら日光拷問から救っても、とりあえずこの場は一応安心かな。

クルルも早く助けて欲しいですし。クルルにも何かに執着があるのだとしたら、たぶん阿朱羅丸に対してかなあと思います。

あと、フェリドこんな時までなぞなぞなんか出題してるとか(笑)離れていてもフェリドに振り回されるクローリーがおかしかったです(笑)

ラストは、優ちゃんとミカの家族の死体の話が(´・ω・`) ちょっと衝撃的なことが続きますね。

手紙には死体と書いてありましたけど、あとがきには生かされてるみたいなのことが書かれていて、ちょっとイマイチどういう状態なのかよく分からなかったです。

死体を見たら優ちゃんは、また暴走してしまうのかなあ。しばらく静かな展開が続きましたけど、また次回あたりから荒れるかもしれませんね。

コメント

  1. (´・ω・`) より:

    今回は管理人さん同様、ぐぐっと物語が進むと思っていたんですが、う~んでしたね(^_^;)
    優くんの暴走は個人的にしてほしいです(笑)
    最近説明回が多いのでちょっと鬱憤がたまってるというか….でも暴走しなさそう(泣)

  2. 月影 より:

    そろそろ戦闘シーンとか欲しいですよね

  3. 月影 より:

    死体の話で優たちの家族の死体って事は秀作とか巴ちゃんとかもいるんですかね

  4. あんこ餅 より:

    管理人さん更新お疲れ様です!
    んー展開が進みませんでしたね。自分的には暮人の方が進むと思ってたんですが。そろそろレスト達の所とかグレンの所とかで戦闘が開始されそうなので次回に期待します。

  5. ぺんぺん草 より:

    穏やかな話の流れねなかで、与一の一言が少し怖かった

  6. ぺんぺん草 より:

    先読みのセラフ研究レポートNo.4に「吸血鬼は鍛練を積み強さが変わることはない」と書いてました。すると、吸血鬼のミカは戦力的に優に置いてきぼりなるのかな?

  7. ひよこ より:

    皆さんがおっしゃるように話があんまり進んでいないですね。
    掲示板では漁村のシーンぐらいからそう言われていた気がしますが…

    10巻は51話まででしたね。
    収録は3話や5話の時もありましたが、たいてい4話ですよね。

  8. ぽんちょす より:

    「そいつが家族を殺してないなら」
    この与一の発言がなぜか怖かったです、
    最近は ラクスの時といい時折目に光が無い与一の描写が多いですよね

  9. タツキチ より:

    最近全然進まねーな

  10. 名無し より:

    かがみんの話が進まないのは他の作品を見れば解る。この人の場合は引き延ばしじゃなくて終わるまでに時間が掛かるのばっかり書いてるから。

    話の風呂敷を広げ過ぎるのはブリーチの久保先生と同じく悪い癖。

    何とか風呂敷を畳めたいつ天でも小説で9巻、高校編で5巻、その間に番外編、短編を4巻くらい書いてる。

    そりゃ本編が進まないで打ちきりにされますよ。売れてるのは流石なんだけどなあ。

    14年以上続けてる伝勇伝に至っては一部だけで11巻出して、短編で11巻出して、今の二部の大勇伝16巻、真伝が8巻、それでも終わりが見えない。

    漫画と小説の一冊じゃあ進みが全然違うのを考慮してくれてるんだろうか。

  11. *green tea* より:

    確かに話進みませんよね…。なんか仲間内で同じ話ばかりしてるような。またその話??ってなりますし。もちろんストーリーは面白いと思うんですけど(^^;)
    これだけ壮大なのに月1での連載だから余計にね…

  12. ひよこ より:

    ごめんなさい、今頃打ち間違いに気づきましたが、10巻ではなく13巻が51話まででした。

    52話からは14巻だと思うので、記事の修正お願いします。

  13. spica 管理人 より:

    最近は確かに説明調な回が多いですね(^_^;)

    ただ、またこれから壮大なストーリーが展開される上で、必要なんだと期待してます♪

    あと、巻数間違っていてすみません。教えていただき、ありがとうございますm(_ _)m

  14. 匿名 より:

    一番最初フェリドじゃなくてクローリーですよね??

  15. spica 管理人 より:

    クローリーです(^_^;)
    修正しました。
    教えていただきありがとうございますm(_ _)m

  16. 変態グランドマスター より:

    次でグレンたちと合流しそう。

  17. 名無 より:

    地下のカプセルに入った人が映ってたけど何となく鳴海隊の岩咲秀作っぽく見えるね。

  18. 月影 より:

    優より鳴海の方が暴走して欲しいな。優の暴走はもう見飽きたから。

  19. アンコウ餅 より:

    13巻売上現時点では1000ちょい程度しか12巻と変わらなくてよかったぁ~(・∀・)

    ふぅ….. (笑)

  20. (´・ω・`) より:

    54話早バレ読みました!
    ヤバいヤバい!まじで!思わず興奮して声が出てしまいました!前にひよこさんも言ってましたがよみたい方はバイドゥというサイトで終結的熾天使と検索してください!

  21. 月影 より:

    読んできました―。白虎丸が出てくるとは思わなかった。

  22. ぺんぺん草 より:

    54話は、小説7巻の最後とリンクした内容でした。6人目は誰?

  23. 匿名 より:

    私的感想ですが、月光韻のビジュアルが。。。予想と違いました????クローリー君の戸惑い顔が可愛いかった???? 引率から、担任教師に任命されて、生徒をどう導けるのかな?←妄想。

  24. アルクェイド より:

    やっぱり、優一郎が孤児院の子供達を蘇生してセラフ発動するのか?

タイトルとURLをコピーしました