漫画ファンBlog

大好きな漫画について語り合いましょう♪

パーフェクトワールド9巻42話のネタバレ

  コメント (0)

Kiss2018年11月号のパーフェクトワールド42話のネタバレと感想♪

42話はコミック9巻に収録されると思います。

パーフェクトワールド9巻42話のあらすじ【ネタバレ注意】

病院

仕事の休憩中、自販機でコーヒーを買っている是枝。

「是枝さん・・・?」

是枝の後ろから、誰かが声をかけてきます。

「なっ・・・」
「・・・長沢さん・・・!!」

「相変わらず疲れた顔してるのね」
「その髪のばしたの?」
「似合ってないわよ」

長沢さんのヒドイ言葉に、是枝は持っていた缶コーヒーを落としてしまいます。

二人は食堂へ移動して、少し話をすることに。

「そっか」
「長沢さんこの病院で勤める始めたのか」

「あなたもちゃんとお仕事してるのね」

長沢さんの相変わらの口の悪さに、是枝は苦笑い。しかし、どこか長沢さんは以前と違う感じがします。

(長沢さん変わったな・・・)
(前の張り詰めた感じがなくなった)

2人が話をしていると、やはり話題は つぐみと鮎川のことに。

「・・・オレ達」
「ただ二人の邪魔してただけだったのかなあ」

是枝は注文したかき氷をツンツンしながら、寂しそうにつぶやきます。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

屋上

屋上へ移動して、話を続ける2人。

「未練があるわけじゃないよ」
「けど」
「やっぱり」
「まだ考えてしまわない?」
「今」
「どうしてんのかなって・・・」

つぐみのことを想いながら、是枝は青空を見上げます。

「是枝さんは優しいのね」
「優しすぎるから余計自分を苦しめちゃうのよ」
「よく頑張ったじゃない」

そう言いながら、長沢さんは是枝の頭をなでます。

「私達やれるだけのことはやったでしょ」
「それは誇れることよ」

長沢さんはニッコリと笑い、仕事へ戻っていきます。

長沢さんには、ああ言われたものの、やはりどうしても つぐみのことを考えてしまう是枝。是枝は、つぐみが駅のホームに落ちて、大怪我をした時のことを思い出します。

その時、是枝はただの同級生で、寄り添うことも手を握ることもできず、ただ心配することしかできません。

(今も心配になってしまう)
(また泣いてないかって・・・)
(オレは今も)
(川奈の幸せのことばかり)
(ただ考えてしまう・・・)

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

つぐみ達

春、散歩をしていたお父さんとつぐみのところへ、鮎川がやって来た時のこと。

三人で顔を合わせると、お父さんはICUに入った時のことを話し始めます。

「『ああオレはこれで死ぬんだな』と」
「どんどん意識が薄れていった」
「・・・だが」
「闇の中から」
「つぐみと鮎川君の声が聞こえてきた」
「その声が私の目を覚ました・・・」

スッと車椅子を鮎川の前へ動かしていくお父さん。そして、深々と鮎川に頭を下げます。

「・・・鮎川くん」
「今までひどい言葉ばかり言い続けた私を」
「どうか」
「許して欲しい・・・」

さらにお父さんは、ヨロヨロとしながら、車椅子から立ち上がり、目を覚ました時のことを話します。

「・・・ああ」
「そうだ」
「オレはまだ死ねない・・・」
「娘の幸せを見るまでは」
「死んでたまるか・・・と思った」
「そして」
「その時」
「私は見たんだ」
「悲しむ娘を必死で支えようとする男の姿を!!」

お父さんが、どうにか意識を取り戻した時、ベッドの横で泣きじゃくるつぐみを、鮎川がしっかりと抱きしめています。

「もう」
「どんな言葉よりも」
「その光景が全てを物語っていた」
「この二人は出会うべくして出会ったんだと・・・」

お父さんの話に、つぐみは涙が止まらなくなります。

「・・・鮎川くん」
「娘を」
「どうかよろしくお願いします」

そして、つぐみの顔を見つめるお父さん。

「つぐみ!!」
「お父さんに」
「花嫁姿見せてくれ!!」

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

パーフェクトワールド8巻42話の感想【ネタバレ注意】

パーフェクトワールドが、久しぶりに連載再会してました~

もうすぐ映画が公開されるみたいなので、色々と忙しいんでしょうか。それとも、映画に合わせて、進み具合を調整してるのかな?

よく分からないですけど、来月号もまた休載みたいなので、ちょっと寂しいです(-_-;)

今回は、是枝くんと長沢さんのその後の様子が見れて嬉しかったです。少し気になっていたので。

是枝くんは、まだ つぐみのことを引きずってる感じでした。長沢さんが言ってたように優しすぎるのかなあ。分かれる時だって、できるだけ つぐみの負担にならないように、サッと見を引いた感じがしましたし。

長沢さんは対照的に、もうすっかり切り替えてる感じ。でも、本当にそうなんだろうか。

個人的には、長沢さんは一見強そうだけど、そんなに強くないというか脆そうな印象があります。あれだけ好きで尽くしてきた人なのに、本当にもう切り替えることができてるのかな?

是枝くんは強い人だと思いますし、きっと大丈夫だと思うんですけど、長沢さんがこの後しっかり生きていけるのか心配です。

二人にとって、つぐみと鮎川は一生忘れることができない存在で、思い出す度 ツラい思いも蘇ってくるでしょうね。

でも、また好きな人ができたら、忘れることはできなくても、ちょっとは気持ちが軽くなると思います。2人にも、また早くそういう人が現れるといいなあと思います。

それと、やはり今回はお父さんがつぐみ達のことを認めてくれて本当によかった。お父さんは、つぐみだけでなく鮎川くんがどうしても認めて欲しかった相手。

つぐみが自暴自棄になって二人だけで生きていこうとしていた時、鮎川くんがつぐみを諭してくれてよかった。相手にされなくても諦めず、何回も何回もお父さんのところへ通ってくれてよかった。本当にそう思います。

一時は周りは敵だらけで、誰も味方がいないという感じでしたけど、今は是枝くんもお父さんも、つぐみ達のことを想ってくれる人がいて幸せ者ですね。

もしかして今が幸せの絶頂で、結婚したらツラい現実が待ってるかもしれません。でも、どんなにツラいことでも諦めなければどうにかなることが分かったでしょうし、今回みたいに二人で乗り越えて欲しいなあと思います♪