漫画ファンBlog

大好きな漫画について語り合いましょう♪

青楼オペラ8巻36話のネタバレ感想

      コメント (0)

ベツコミ2018年4月号の青楼オペラ36話の感想です♪

36話はおそらくコミック7巻に収録されると思います。

青楼オペラ8巻36話のあらすじ【ネタバレ注意】

茜と利一

紫に頼めば、帳簿が手に入ることは分かったものの、なかなか踏ん切りがつかない茜。

「例の件」
「早いうちに紫さんに話しませんと」

利一が急かしますが、それは紫をお殿様への貢物にするということ。やはり、茜には決心が付きません。

「私が説得します」
「お嬢がためらっておられる理由も分かっております」
「ただ」
「帳簿は必要なんです」
「必ず手に入れなくてはならない」

アッサリと言い放つ利一。

「それに」
「紫さんのためを思えば」
「何も応えられない身分もない男とご寵愛深いお大名」
「どちらを選ぶべきかは自明ではありませんか」

どうすべきかは明らか。茜は苦しい思いをグッと飲み込み、利一に説得を頼むことにします。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

利一と紫

利一から、出会茶屋(?)へと呼び出された紫。

「こねぇなところで何するつもりかと来てみれば・・・」
「先日の続きでも始める気かぁ」

「はい」

利一の思わぬ返事に、紫はハッとします。

「お望みとあれば何でも致します」
「引き換えに」
「どうしても聞き届けてもらいたい頼みがございます」

そう言って、深々と頭を下げる利一。利一は事情を話し、真堂のお殿様に紫から口添えしてもらうよう頼みます。

「・・・それはつまり」

「えぇ」
「紫さんに」
「真堂様のお側に上がって欲しいと申しております」

利一は包み隠さず、ハッキリと真意を告げます。

そんな利一の顔を、少しの間ジッと見つめると・・・

「・・・よござんす」

紫はアッサリと了承します。

紫があまりに簡単に引き受けてくれ、利一は安心するよりも呆気に取られます。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

紫の真意

「ありがとうございます」
「では何を致しましょう」
「・・・なんなりと」

「いらん」

利一の問いに、紫は今度は即答します。

「ぬしのために」
「ぬしを想って」
「何も望まず」
「踏み台になった女のことは」
「一生涯忘れんじゃろう」
「下手にワガママなど叶えさせて」
「その後ろめたさを消してなどやるものか」

冷たい目で利一を見つめる紫。

「わっちは」
「利一どん」
「一生ぬしの心の残るんじゃ」

そして、紫は勝ち誇った顔で利一を見下ろします。

「・・・は」
「これは」
「・・・参りましたね」
「参りました」

利一は冷や汗を浮かべながら、苦笑いを浮かべます。

利一と別れ、見世へと戻っていく紫。その目からは、ボロボロと涙が溢れています。

「ふふ」
「あはは」
「やりんした」
「あはははは・・・」

泣き笑いしながら、紫は天気のいい空を見上げます。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

茜と若旦那

それからすぐに紫は利一の願いを聞き届け、真堂の殿様に身請けされることに。

しかし、同時期に朝明野の身請けが決まり、廓の順序により茜の身請けは、朝明野の後まで日延べされることになります。

ただ、朝明野が懇意にしていた松坂屋ではなく、川越のお大尽を選んだことに、みな首を傾げます。

数日後、茜に逢いにやって来た若旦那。

「朝明野か」
「一時は」
「俺の姉じゃねぇかと思ったこともあったが」

若旦那は朝明野の話を聞き、ポツリとつぶやきます。

朝明野は姉と同い年で、若旦那が吉原に姉を捜しに来た時、最初に訊ねたのが朝明野だったようです。

「あれから随分捜したが」
「すでに遅かったのやもしれん」
「生きて誰かに落籍されたんならいいが」
「病でも得て」
「もう」
「この世にも・・・」

苦しそうに顔を抑える若旦那を、優しく抱きしめる茜。

「ぬしの姉上でござんす」
「きっとしぶとく生きておられんす」

「・・・あぁ」

そのまま2人がキスをしようとしたその時、部屋の外から若旦那を呼ぶ声が聞こえてきます。

襖を空けると、そこには近江屋の者の姿が。

「大変です」
「お店に」
「近江屋に商い停止の命が出ました・・・!」

さらに松坂屋(紫達の仲間になってくれたところ)にも、同じ沙汰が下ったとのこと。

青ざめながら、顔を見合わせる茜と若旦那。とりあえず若旦那は急いで店に戻り、残された茜は呆然と立ち尽くします。

(偶然じゃない)
(狙われたんだわ・・・!)

中村屋の不正の証が手に入ろうかという時、こんなことが起こり、誰かがこちらの動きに気づいたとしか思えません。

(なぜ・・・)
(どこから漏れてしまったの)
(それとも)
(漏らしたのか)
(裏切り者がいる・・・!?)