それでも世界は美しい19巻107話のネタバレ感想

花とゆめ2018年6号のそれでも世界は美しい107話のあらすじと感想です♪

107話はおそらくコミック19巻に収録されると思います。

それでも世界は美しい19巻107話のあらすじ【ネタバレ注意】

リビ

シーアの遺体を目の当たりにして呆然とするリビ。

「シーラ」
「いま手当てするね」
「痛いよね」
「手当したら大丈夫だから安心して」

リビは血の海の中、シーラに語りかけます。

「誰だ」
「誰かそこにいるのか!?」

その時、茂みから兵士の声が。兵士達はシーラの遺体へ近づきますが、誰もいません。

茫然自失となったリビを、間一髪バルドが救い出し、シシル宮にかくまわれることに。

それから一日中ベッドの上から空を見つめ、たまに嬉しそうにしゃべり出し、まるで壊れたおもちゃのような日々を送るリビ。

そんなある日、バルドの付き人がリビを気晴らしに街に連れ出すと、何かの式典に参加している、アントニアとロムレスの姿を目にします。

(アントニアは)
(笑っていた)
(全てが満たされて)
(心底幸せそうで)

リビは、同時にアルの姿が頭に浮かびます。

(アルも?)
(いま笑ってるの?)
(シーラを殺したその声で)

街から帰ると、宮殿で暴れ始めるリビ。それを聞きつけバルドウィンも駆けつけます。

「バルド」
「わかったんだ」
「オレがこうして弱れば弱るほど」
「あいつらは笑うんだって」
「バルド俺あいつらを許さない」
「あいつらが持ってるもの全部奪ってやりたい」

リビはゾッとするような恐ろしい顔で語りかけます。

「シーラのいないこの世界で」
「どう生きていけばいいんだ」
「だったらもう」
「この憎しみを糧にするしかないだろう」
「俺はこのまま膝を折ったりしない」
「お前もどうするか」
「決めろっ」

旅行

結局、バルドウィン達はリビの復讐に手を貸すことに。

そして、ある日。バルドウィンが裏から手をまわし、アントニア達は湿原へ慰安旅行に行くことになります。

旅行初日の夜、アントニアはこげる匂いで目を覚まします。屋敷はバルドウィン達が放った火が猛っています。

火から逃れるため、アントニアが屋上へ向かうと、そこにはリビの姿が。

「王妃は殺した」
「ロレムスも抵抗して大怪我して・・・」
「もつかなあれ」

リビの言葉に呆然とするアントニア。そして、ロレムスを救ってくれるよう、リビに懇願します。

「ロレムスを助けて欲しいの?」

「当たり前でしょう!?」

「じゃあ」
「シーラを生き返らせてよ」
「早く」
「世界の全てだったんだ」
「いなくなって苦しいんだ」
「早くしてよ」
「ロレムス死んじゃうよ」

アントニアの言葉に、リビは凍りつくような冷たい顔をします。

「そんなこと・・・」
「できる・・・」
「わけ・・・」

「なら」
「仕方ないね」

リビが無表情で合図を出すと、兵士がアントニアの背中に剣を突き刺します。

アントニアが無念そうな唸り声をあげると、リビはそれを嬉しそうに見つめます。

「そうだよ」
「それっ」
「その顔だよ」
「見たかったんだ嬉しいなあっ」
「ザマアミロ」
「ザマアミロっ」
「ザマアミロ」

狂ったように叫び続けるリビ。しかし、その目から、ツーっと涙が流れ落ちていきます。

アル

「言葉が悪いねリヴィウス」

「アル・・・」

その時、突然そこへアルが現れます。

「リビが私と同じになってくれて嬉しい」
「私を自由にしてくれてありがとう」

満面の笑みを浮かべるアル。

「リビこれから王様になるんでしょう」
「リビが王様している限り私は必ず会いにくるよ」
「だって私は全てを壊すよう言われているんだから」

そう言うと、アルはなぜか屋上の淵の方へと歩いていきます。

「だけど今はまだその時じゃない」
「またね」

アントにはリビに笑いかけながら、背中から飛び降ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました