漫画ファンBlog

大好きな漫画について語り合いましょう♪

それでも世界は美しい21巻114話のネタバレ感想

      コメント (0)

花とゆめ2018年15号のそれでも世界は美しい114話のあらすじと感想です♪

114話はおそらくコミック21巻に収録されると思います。

それでも世界は美しい21巻114話のあらすじ【ネタバレ注意】

ウルスラ

あれからウルスラとネロは、雪原でウー裏を発見。アーウラには、故郷で恋人ができ、夜な夜な会いに来ていただけだったようです。

それから数年の間、ネロがウルスラに付き従う日々が続きます。

(いつの間にかネロは)
(私に敬語を使うようになった)
(昔はもっと口調も荒くて)
(せいぜい”姫様”呼びだったのに)

ネロの横顔を寂しそうに見つめるウルスラ。

(最近は特に話していてもそっけなくて)
(その度に胸が苦しくなる・・・)
(もう)
(昔のようには戻れないのかな)

そんなある日、ウルスラに縁談が持ち上がります。ウルスラは固辞しようとしますが、両親は全く引く様子はありません。

「それにね」
「晴れの大国との戦争が長引いているのは知ってるだろう」

大王の死後、その子リヴィウスが意志を継ぎ、今は着々と氷の王国への包囲を固めている状況。

「今こそ王家の人間が結束すべき時なんだよ」
「南の連中を同じ人間と思ってはいけない」

父は歴代の大国の王達が友好を持ちかけては全て裏切り、氷の王国の民をむごい目に合わせてきたことを説明します。

「新王に交代した今こそ彼らを叩ける機会なんだ」
「彼らはこの国の氷と水にたかるケダモノだ」
「いいかな?」
「決して心を」
「許してはいけない」

いつもは温厚な父が激情する姿に、ウルスラは衝撃を受けます。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

ウルスラとネロ

両親との話が終わると、ウルスラは通路でネロと顔を合わせます。すでに、ネロにもウルスラの縁談の話を伝わっている様子。

「ネ、ネロは」
「どう思いましたか・・・?」
「私が嫁ぐと知って・・・」

ウルスラは恐る恐る訊ねますが・・・

「どうって」
「別に」
「あなたは一国の王女なのだから」
「こんな日が来るのは当たり前でしょ」

ネロはさも当然のように答えます。

「そっ」
「そうね」
「こんなこと訊いてバカみたいね」

そう言って、すぐに自分の部屋へ戻っていくウルスラ。しかし、その目から涙が零れ落ち、止まらなくなります。

(思ってなかった)
(なんとも・・・)
(思われてなかった)
(胸が)
(潰れそう・・・)

それからしばらくしたある日、ネ自分の部屋で荷物を整理しているネロ。すると、そんなネロの頭にアーウラがかぶりついてきます。

「お前は騙せないな」
「いいんだよ」
「もう十分一緒にいられた」
「これから先は本当に違う世界を生きることになる」
「それを側で見続けるのは」
「さすがにしんどい」
「ウルスラ様を頼むな」

この日は、ウルスラの婚約式の日。

「え・・・」
「ネロが・・・?」

ウルスラはネロが自分に何も言わずにいなくなったことを知り、呆然とします。

あの日、一緒に雪原を見た時のことを思い出すウルスラ。

(あの日)
(越えたと思えた垣根は)
(何だったんだろう)

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

ネロが去っていったものの、この年は穏やかな日々が続き冬に。

「大量派兵?」

ウルスラは大国が氷の国に、また戦争を仕掛けてきたことを知らされます。

戦場となったのは、まだはるか東の地。しかし、ウルスラはなぜか押し寄せてくる不安が止まりません。

そんなある日、ウルスラは庭でアーウラのお腹を撫でています。

「アーウラ」
「大分お腹大きくなったね」
「春には生まれてくるのかな」
「私もね」
「春にはお嫁さんになるんだよ」

ふとネロの姿が思い浮かんでくるウルスラ。

(本当はまだ)
(忘れられないのだけど)

その時、西の山から火の手があがったかと思うと、すぐに大国軍が姿を現します。

軍隊はすぐに王宮にも押し寄せ、ウルスラ達は避難しようとしますが、妹のローザの姿が見えません。

ウルスラはアーウラと一緒にローザを探しに行きますが・・・

「いたぞ」
「王家の姫だっ」
「殺すな捕まえろ」

すぐに大国の兵士達に見つかってしまいます。

「アーウラおねがいっ」

アーウラの背中に乗り、階段を飛び降りていくウルスラ達。しかし、着地しようとした瞬間、アーウラの足に大国の兵士の槍が突き刺さります。

「ア・・・っ」

バランスを崩し、床へ叩きつけられるウルスラとアーウラ。すると、そこへリヴィウスが姿を現します。

(ネロ)
(助けて)
(ネロ・・・)