漫画ファンBlog

大好きな漫画について語り合いましょう♪

暁のヨナ28巻161話のネタバレ感想

      コメント (0)

花とゆめ2018年16号の暁のヨナ161話のあらすじと感想です♪

161話はおそらくコミック28巻に収録されると思います。

暁のヨナ27巻161話のあらすじ【ネタバレ注意】

採火城

四龍たちが出ていった部屋で震えるケイシュク参謀。先ほどの、まるで人を呑み込んでしまうかのような威圧感を思い出します。

(あんな力を持つ者が・・・)
(今まで)
(この高華国に存在していたというのか・・・!?)

そこころ、ヨナ達は翔んでいったジェハ達と合流するため、城からの脱出を図ります。しかし、すぐにケイシュク参謀の命をうけた兵士達が追ってきます。

すると、葉に覆われた壁からヒラヒラと舞う扇子が。よく見ると、葉の向こう側には穴があり、ヨナ達はそこへ飛び込みます。

「ここか!?」
「む・・・」
「いない・・・」

駆けつけてきた兵士は、穴には気づかず、あきらめた様子。

壁の向こう側にいたのは、テジュンの母イグニ。どうして自分達を助けてくれたのか、ヨナが不思議に思っていると・・・

「わたし」
「テジュンを笑ったあの参謀の思い通りにはさせたくないのです」

そう言って、イグニは悔しそうな顔をします。

「あの参謀がテジュン様を笑ったって?」
「それはムカつくな」

ハクの言葉に、ハッとするイグニ。

「・・・少し気が晴れました」
「ここなら誰も来ません」
「ゆっくりしてらして」

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

庭園

壁のこちら側は、キレイな花が咲く庭園。しばらくここで匿ってもらうことに。すると、イグニがヨナの顔をジッと見つめます。

「・・・髪の色が違うから」
「あまりピンとこなかったけれど・・・」
「あなた」
「瞳はカシ様に似ていますね」

「カシ・・・」
「私の母上を・・・」
「知っているの・・・?」

思わぬ名前が出ていき驚くヨナ。そんなヨナにイグニは昔話を語り始めます。

若いころ、少し交流があったというイグニとカシ。ヨナが生まれた時には、お祝いに行ったそうです。

その時、シンアが何かを感じて駆け出します。

「ジェハとゼノが危ない」

キジャ達もシンアを追っていき、ヨナもそれに続こうとしますが・・・

「・・・危険です」
「ここは殿方にまかせて・・・」
「女は戦いに行く殿方を見送るのが役目なのだから」

イグニがヨナの手を取り、引き止めます。

イグニの真剣な眼差しをジッと見つめるヨナ。

「ありがとう」
「でも行きます」
「彼らが私のもとへ現れてから」
「私は抱えきれない幸福をもらったの」

そう言って微笑むヨナの顔を見て、イグニは昔カシに言われたことを思い出します。

「イグニ」
「この子には」
「しろと」
「あおと」
「みどりと」
「きいろの守護がついているの」

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

ジェハとゼノ

翔んでいたところを、ゼノが矢で打たれ、地面へ落下してしまったジェハ達。落ちてきた2人をケイシュク参謀と兵士達が取り囲みます。

2人はあわてて立ち上がり、脱出を図りますが・・・

「待て」
「殺すつもりはない」
「大人しくしていれば手当もしよう」

そう言って、兵士へゼノの腕へ刺さった矢を抜くよう命じるケイシュク参謀。

「!」
「やめろ・・・!」

ゼノが叫びますが、兵士はそのまま矢を引き抜いてしまいます。

すると、痛々しかった傷跡が、グチャグチャと音を立てながら、あっという間に元通りに。

「え」
「傷が・・・」
「消えた・・・」

驚きざわめく兵士達。ケイシュク参謀も青ざめながら、ゼノの腕を掴みます。

(上部な身体を持つ)
(黄金の龍)
(まさか・・・)
(不死の力・・・)

その時、巨大な龍の手がケイシュク参謀を掴みます。

「ぐあっ」

その手によって、投げ飛ばされるケイシュク参謀。

「私の兄弟に触れるな」

ケイシュク参謀の後ろから、キジャとシンアが現れます。