漫画ファンBlog

大好きな漫画について語り合いましょう♪

暁のヨナ29巻165話のネタバレ感想

      コメント (1)

花とゆめ2018年23号の暁のヨナ165話のあらすじと感想です♪

165話はおそらくコミック29巻に収録されると思います。

暁のヨナ29巻165話のあらすじ【ネタバレ注意】

牢獄

ゴビ神官を蹴飛ばしたヨナ。

「くっ・・・首が・・・っ」

ヨナはゴビ神官の剣を拾うと、それをイン・クエルボに突きつけます。

「私達を高華国へ帰して」
「イン・クエルボ」

しかし、イン・クエルボは簡単にヨナから剣を奪い、逆に投げ飛ばします。

「調子に乗るんじゃねぇよ」
「千州の中枢でお姫さんが剣振り回して何か変わると思ってんのか?」
「立場ってもんを・・・」

その時、牢の中から音がしてきます。

ギリギリギリ

バキッ

繋がれていた鎖を引きちぎるジェハ。そして、怒りを浮かべながら、無言でイン・クエルボへ近づいていきます。

「待て」
「待て待て!」
「動くな」

イン・クエルボは、慌ててヨナの首に剣を突きつけ、ジェハを制止します。

「・・・丁度いい」
「緑の男だけ出ろ」
「敵陣にいるという事を忘れるなよ」

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

城の外

城の外へ連れてこられたヨナとジェア。

外では、イン・クエルボとリ・ハザラの大軍が訓練をしています。

「4日後には高華国に向けて進軍する」
「オレの目的は高華国の領土・・・」
「ひいては戎帝国の支配だ」
「その為にお前らの能力が欲しい」

イン・クエルボが部下に合図をすると、ジェハの周りを兵士達が取り囲みます。

「四龍の奴の能力がみたい」
「ちょっとこいつらとやりあってみろ」

イン・クエルボの命令で、兵士たちがジェハに襲いかかります。

ドゴッ

ドシッ

ザッ

兵士達を次々と吹き飛ばしていくジェハ。しかし、まだ本調子でないジェハは、兵士の攻撃を浴びてしまいます。

「ジェハ!!」

「おっと」
「動く・・・な」

助太刀に行こうとするヨナをイン・クエルボが止めますが・・・

ドッ

ヨナの肘打ちがイン・クエルボに飛んできます。

「・・・クク」
「いい肘打ちじゃねぇか」

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

ジェハとイン・クエルボ

苦戦しながらも、どうにか全ての兵士を倒したジェハ。そして、ヨナの方へ振り返ります。

「彼女のそれは何・・・?」

ヨナの両足には鎖がハメられています。

「このお姫さん見た目より暴れ馬なんで繋いどいた」
「お前がオレの軍に加わるなら外してやるさ」
「4日後」
「高華国に戦を仕掛ける」
「そこに必ず残りの四龍は現れる」
「そいつらを連れて来い」

イン・クエルボは、」それまでヨナやユン達を人質に取ることを告げます。

「・・・分かった従おう」

しばらく考えた末、ジャハはイン・クエルボの提案に同意しますが・・・

「彼女から手を離せ」
「君が簡単に触れていい相手じゃない」

馴れ馴れしくヨナに肩に手をかけるイン・クエルボに警告します。

「四龍様が許さないって?」

イン・クエルボの問いに、笑みを浮かべるジェハ。

「・・・僕じゃないよ」
「残念ながらね」
「君はいずれ」
「稲妻の獣に喉笛を食いちぎられるだろうさ」

「稲妻の獣?」

イン・クエルボは何のことか分からず、不思議そうな顔をします。

※無料公開中のおすすめ漫画   もっと見る

彩火城

千州との戦の対策を練るケイシュク参謀たち。敵の数は1万。そして、ジュド将軍からの援軍が来ているとの報告を受けます。

(白蛇とシンアには頼れない)
(敵が狙っている)
(ケイシュクも空の部族もキョウガもジュドも信用できない)

話を聞きながら、無言で考え込むハク。

(白蛇とシンアを守って)
(千州の軍勢を蹴散らし)
(クエルボの本拠地に行って姫さん達を助けるには・・・)
(全員無事に助けるには・・・)

明らかに戦力が足りず、ハクは悔しそうに拳を握りしめます。

そのころ、彩火城の一室へ寝かされていたオビが目を覚まします。オビが起きると、目の前にひとりの男の姿が。

「え・・・」
「お前・・・は」
「ヴォルド・・・?」

オビの仲間から、オギが怪我したという知らせを受け、やって来たようです。

しばらくして、会議が終わったテジュンが準備を始めようとしていると、誰かが庭で猫と戯れています。

「おい!」
「そこで何をしている!?」

猫と遊んでいたのはよく見るとアルギラ。

「あ」
「テジュにゃん!」
「久しぶり」
「なんか困ってることない?」